週刊★建築リフォーム&リニューアル

バックナンバー

申込・取消

2004/11/26 Friday  Vol.266

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 月刊「リフォーム」のテツアドー出版が発行する業界最新ニュース! 

■■  ■■      週刊★建築リフォーム&リニューアル    
■ ◆ ■ ◆       2004/11/26 Friday Vol.266    
■■ &■■ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ ▼ ▼ ■ 建築R&R展 来年度のテーマが決定しました!! 
┗━━━━━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 《お知らせ》
 新コーナー「建築R&R展 最新情報」がはじまりました!!

 週刊★建築リフォーム&リニューアルでは皆様の情報をお待ちしております。
 最新ニュース、新製品・新工法、イベント情報など是非お寄せ下さい。
 もちろん掲載に関しては無料です!!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■今号の目次■                         ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃
┃▼建築R&R展 最新情報----------------テーマが決定しました!! ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃
┃▼業界最新ニュース----------------------------------------4件  ┃
┃ ┗大規模修繕工事の見積参加希望会社募集------------------2件  ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃
┃▼新製品・新工法------------------------------------------3件  ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃
┃▼新 知って得する豆知識         鏡の意外な利用法→続  ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃
┃▼イベント情報----------------------------------新規1件+3件  ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┃
┃▼今週の編集部                          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ==============================   
 ★☆建築R&R展 最新情報☆★     
 ==============================  

 今月1日、2005年度の建築R&R展の第1回組織委員会が開催し、第11回
 を迎える来年の展示会のテーマが決定しました!!

 まず、開催日が決定しました。
 ●平成17年6月15日(水)〜17日(金)

 そして、今回の展示会のテーマは
 ●「建築・都市の再生‐建築の健康を考える‐」 です。

 そしてこのテーマを、「安全」「環境」「長寿命」という3つの柱で考えてい
 くことになりました。建築における「安全」「環境」「長寿命」とは・・・

   ○「安全」  地震など自然災害から守ること
          空き巣など人による犯罪行為から守ること
          ユニバーサルデザインなど建物の中で安全に暮らせること 等

   ○「環境」  シックハウス症候群など室内環境
          廃棄物問題、温暖化など地球環境 等

   ○「長寿命」 建物そのものの「安全」と資源有効活用
              →つまり「安全」「環境」における基本要素。
          歴史的建造物等の保存による文化の継承 等

 と、簡単に書いてしまいましたが、この建築の「安全」「環境」「長寿命」を
 考えていくことが、結果的に「建築の健康を考える」ことにつながるのでは
 ないでしょうか。

 *********************************
 「第11回 建築R&R展」の出展募集パンフレットが出来ました!!

 出展にご興味のある方、まずはこちらまでご連絡下さい。
             パンフレットを無料送付します。

      Tel:03-3228-3401     Fax:03-3228-3410
     e-mail:info@refo.co.jp 「建築R&R展事務局」まで
 *********************************

 ==============================   ふ ◎─-川)
 ★☆業界最新ニュース☆★     ふむ ム 9/
 ==============================  む  ┝ /|

 ■強度の向上と同時にコストダウンも実現、SI(スケルトンインフィル住
  宅)に対応したI.D.S-?型工法の開発完了および供給開始(飯田産業)
  http://www.iidasangyo.co.jp/

 飯田産業は、SI(スケルトンインフィル)住宅に対応したI.D.S-?型
 工法の開発を完了し、平成17年1月以降に建築確認申請を行う全戸建住宅
 から、建設供給を開始する。SI住宅の供給は、戸建住宅において大空間を
 支える強度とコストのバランスを解決する技術が特に必要とであった。当社
 は、このような課題を解決して戸建分譲住宅業界において、先駆けてSI住
 宅の供給を開始する事となった。

 また、このI.D.S-?型工法について、耐震実験を行い新潟中越地震の小
 千谷市で観測された最大加速度1,308ガルなど4 地震を連続して加えて
 も、損傷がないことを実証済み。

 ■耐震構造に制震構造をプラスした「次世代耐震構造MGEO」(ミサワホーム)
  http://www.misawa.co.jp/mgeo/index.html

 「次世代耐震構造MGEO」は、住友ゴムグループのSRIハイブリッド社がもつ
 高減衰ゴムの技術を、戸建住宅用に共同開発することで生まれた。2004年7
 月、実売レベルの新商品「エデュース」に高減衰ゴムを組み込んだ制震パネ
 ルを設置し、家具等も配置して実大振動実験を実施。結果は、13回もの大地
 震にもビクともせず、1200ガルの加速度にも従来の耐震構造と比べて、変形
 量で約1/2、震動の収束時間は約2/3に短縮。つまり、地震のエネルギーを
 約50%も吸収したことになる。

 ■住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく住宅性能表示制度の実施状
  況について(平成16年9月末時点)(国交省)
  http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/07/071119_2_.html

 ■木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について(平成1
  6年9月分)(国交省)
  http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/07/071119_.html

 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
  大規模修繕工事の見積参加希望会社募集
 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 ★ 第2磯子ハイツ 大規模修繕工事★
  見積参加業者公募
 【提出期限】平成16年12月20日(月)午後4時まで    

 ★「レクセル朝霞」★
 コンサルタント会社 募集のおしらせ
 【提出期限】平成16年11月30日(金)

 詳細はこちらまで→http://www.refo.jp/SQ/wanted/index.html

 --------------------------------------------------------Magazine--
     ★日本で唯一のリフォーム&リニューアル技術情報誌★
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
         □ 月 刊 リ フ ォ ー ム □
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
    <年間購読15,000円(税別)>  http://www.refo.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------

 ==============================   ぴ▼\__/▼
 ☆★新製品・新工法★☆      ぴか ヽ∂∂ /
 ==============================  か  (o ▽ o)

 ▼楽しむキッチン見せるキッチン
  「UVコーティングパネル」でキッチン扉の交換を
  http://www.arcobaleno.co.jp/

 本体はそのまま、半日〜一日の工事でキッチン内各種扉を交換し、わくわく
 空間の出現。光沢のあるフィニッシュ、傷がつきにくく油汚れにも強い。豊
 富なカラーバリエーション24色からチョイス。(アルコバレーノ)

 ▼サンダー作業の新世代「アートカップ」

 新素材のカップボディ採用により、サンダー作業時の騒音・振動を低減。接
 着剤・薄膜弾性塗膜除去、コンクリート研磨用と、用途に合わせて2種類を
 用意。従来品をしのぐ特長を満載して作業性、経済性がアップ。(シーアー
 ルティー・ワールド 電話048-480-5321)

 ▼シックハウス対策基準で最高レベルを取得した輸入キッチン
  「Zeyko&NOLFFシステムキッチン」発売
  http://www.cookingplaza.co.jp/

 株式会社クッキングプラザ(以下:クッキングプラザ)は、ドイツのZeyko(ツ
 ァイコ社)及びNOLFF(ノルフ)社製システムキッチンについて、日本向けにホ
 ルムアルデヒド対策基準の最高レベル「F☆☆☆☆」を取得。11月1日より
 国内販売を始めた。(クッキングプラザ)

 ☆─…‥・新刊の紹介☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・

  コンバージョンに興味がある!という方には
  →★『建築コンバージョン事例100』

  リサイクル製品や環境問題に興味がある!という方には
  →★『サスティナブル建築−3R建材−』

  マンションの大規模修繕に興味がある!という方には
  →★『大規模改修にむけたマンション管理組合読本
    大成功したリフォーム事例−修繕からグレードアップまで』

  3冊とも詳しくはこちら → http://www.refo.jp/books/index.html

 ☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・☆─…‥・

 ============================== 
 ☆★新 知って得する豆知識★☆
 ==============================

 週の豆知識で、《鏡の意外な利用法》についてお伝えしましたが、貴重なご
 意見をもらいましたので、今週はそちらを紹介させていただきます。

 先週私はビルやデパートのエレベータの中にある鏡の効果について、

 「複数人がエレベータに乗るとき、ほとんどの人が上の階数表示を見ていま
 す。これは他人と目を合わせまいとし、目のやり場に困るから。または、自
 らの空間を無意識に広げようとするからだと言われています。鏡を置くこと
 で広く見え、圧迫感が軽減されるそうです。」

 と書きました。そして、こんなご意見をいただきました。

 「鏡の効果は、 そういったこともプラスαとしては、あるかもしれません
 が、EV内の鏡は、車椅子使用者の眼の助けをしているものと認識しておりま
 す。通常、車椅子で、EVに乗る場合は、前進して、乗ります。その時にEV
 内で回転してから降りる場合やそのまま後ろ向きで降りる場合など、後ろの
 状況を(人がいるか、いても車椅子を動かして安全か)確認してから、車椅
 子を動かします。」

 なるほど。そこで早速私インターネットで調べたところ、たしかにご意見の
 通りEV内の鏡は、バリアフリーの一つとして、車椅子使用者が、後方を確
 認するためにあることが、様々なページで記載されておりました。

 すると、このEV内に鏡を設置することは「ハートビル法」等で義務づけら
 れていたりいるだろうか。等という疑問にもぶつかり、現在更に調査中です。

 今回このようなご意見をいただき、感謝感激と共に、大変勉強になりました。
 またこの様なご意見、ご指摘、ご感想、大歓迎です。これからもどうぞ宜し
 くお願いします。

 ============================== 
 ☆★イベント情報★☆      
 ==============================

 《NEW》
 ■防錆技術セミナー(第26回)開催
 (製品説明会事務局 電話03-5649-2346)

 今までに開催された同セミナー受講者を対象に『防食技術製品説明会』開催。
 平成16年12月14日、午後1時から中央区の堀留町区民会館。内容は「消
 石灰処理法:オネストライマー」「線電極防食法:クレフロス」など。定員50
 名で上記該当者でも事前の申し込みが必要。(呉羽テクノエンジ)

 ■「事例から見たコンバージョン」
  http://www.binet.co.jp/abmb/openevent.html

 BMB研究会11月例会は会員の竹中工務店より講師を招き、最近の事例「港
 区南青山」や「千代田区猿楽町」などの事例も含め建物の用途変更(コンバ
 ージョン)を題材として取り上げる。

 1.コンバージョンの簡単な一般論
 2.事例を中心にコンバージョンビジネスの現状と今後の展開方策 等

 開催日時:2004年11月30日(火)15:00〜17:00
 会場:NHK青山荘会議室 港区南青山5−2−20
 (地下鉄表参道駅下車B3出口3分) 03−3409−8181
 講師:鈴木清丈(すずき きよたけ)氏
 (株)竹中工務店 アセットバリュープロデュース本部 課長
 会費:一般 ¥24,000、関連会員 ¥22,000 (税込み)
 (BMB研究会正会員は2名まで無料。複数ご参加の場合、3名目から関連
 会員扱い。)
 お申し込み及び詳細:上記HP参照。

 ■建材設備ビジネス交流会開催(中小企業投資育成(株))
  http://www.sbic.co.jp/bm/

 ●建築リフォームセミナー
  天野 彰氏(一級建築士事務所アトリエ4A代表)
   鈴木エドワード氏(鈴木エドワード建築設計事務所代表)

 ●プレゼンテーション企業
  株式会社アベイラス http://www.availvs.co.jp
  株式会社エコテック http://www.ecotech21.com
  エコデバイス株式会社 http://www.ecodevice.co.jp
  株式会社キタック http://www.kitac.co.jp
  株式会社木村技研 http://www.aqua-k.jp
  サンコーテクノ株式会社 http://www.sanko-techno.co.jp
  株式会社自然の問屋
   http://www.naturecraft-garden.com
   http://www.c-direct.ne.jp/sbic/upload/d0000132.pdf
  株式会社昌和化成 http://www.showakasei.com
  タイセイ商工株式会社 http://www.taiseishoko.co.jp
  習志野化工株式会社 http://www.naraka.co.jp
  ビュファCPジャパン株式会社 http://www.bufa.jp

 日時:2004年12月1日、13:30〜18:30
 会場:投資育成本社ビル8階大会議室(東京都渋谷区渋谷3−29−22)
 問合せ先:東京中小企業投資育成(株)業務支援室 
 電話03(5469)5857 FAX03(5469)5862

 ▼「第3回外壁改装作品コンテスト」作品募集
  http://homepage2.nifty.com/kaisoukyoukai/

 募集期間:2004年11月1日〜2005年3月31日迄、詳細は同協会迄。(建築
 改装協会)

 ==============================
 ☆★今週の編集部☆★
 ==============================

 来年度の展示会の名称ですが、「建築リフォーム・リニューアル&コンバー
 ジョン展(建築R・R&C展)」から「建築リフォーム&リニューアル展(建
 築R&R展)」へとシンプルな形へと戻りました。

 内心、私はほっとしております。電話をかける時など「建築リフォーム・リ
 ニューアル&コンバージョン展事務局の・・・」なんてとても言いづらくて、
 今年は苦労したというのが本音です。

 名前でも題名でも、物事を一言で表すのはとても難しいです。端的に(長す
 ぎず)それの持つ意味をずばり言い表せなくてはならないし、ある程度イン
 パクトと親しみやすさも必要でしょう。

 そして最近は何でも短縮してしまいます。「キムタク」「マツキヨ」はもちろ
 ん「世界の中心で愛を叫ぶ」という映画名も「セカチュ‐」・・・
 短縮した時にある程度言いやすいということもポイントになりそうです。

 うちの展示会は「建築りふぉりにゅ展」?? 言いづらい・・
 「建築R&R展(けんちくあーるあーるてん)」でしょう。
 これからも「建築R&R展」を宜しくお願いします。

 ==============================
 ☆★リフォウェブ☆★
 ==============================
 
 情報充実のリフォウェブをぜひご利用下さい。
 ご意見・ご感想,ご質問等をお気軽にお寄せ下さい。

 リフォウェブアドレスはこちら http://www.refo.jp/

 新製品,イベント情報まで,各種投稿は下記までお願いします。

 ■本マガジンは等幅フォントでご覧下さい。表示がズレる方は下記ホーム
  ページをご覧下さい。  http://www.refo.jp/mm/thf.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 発行元:テツアドー出版 http://www.refo.jp/ 発行部数:2600部
 所在地:〒165-0026 東京都中野区新井 1-34-14 
 連絡先:Tel.03-3228-3401 Fax.03-3228-3410 担当:近藤 mag2@refo.jp
 ─────────────────────────────────
 □バックナンバー http://www.refo.jp/mm/   
 □過去の豆知識  http://www.refo.jp/mm/shittoku.html   
 ─────────────────────────────────
 ◆購読解除    http://www.refo.jp/mm/mmr.html   
 ─────────────────────────────────
 ■本メルマガはまぐまぐを利用しています http://www.mag2.com/   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

*メールマガジン御申し込み