週刊★建築リフォーム&リニューアル

バックナンバー

申込・取消

2004/06/11 Friday  Vol.244

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
月刊「リフォーム」のテツアドー出版が発行する業界最新ニュース! ┃

■■  ■■      週刊★建築リフォーム&リニューアル    ┃
■ ◆ ■ ◆       2004/06/11 Friday Vol.244     ┃
■■ &■■ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ ▼ ▼ ■┃      6月号は近日発売です         
┗━━━━━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ■本マガジンは等幅フォントでご覧下さい。表示がズレる方は下記ホーム
  ページをご覧下さい。       http://www.refo.jp/mm/thf.html
 --------------------------------------------------------Magazine--
     ★日本で唯一のリフォーム&リニューアル技術情報誌★
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
         □ 月 刊 リ フ ォ ー ム □
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
    <年間購読15,000円(税別)>  http://www.refo.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------
《「第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展」無料招待券》
  本メールマガジン読者の皆様、
 いつもご購読有難うございます。 皆様の日頃のご愛顧にお答えし、
 「第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展」無料招待券を
 ご用意しました。下記URLにアクセス後プリントアウトし、所定事項を御
 記入の上お持ち頂ければ、展示会に1名様御入場できます。
 読者の皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
 http://www.refo.co.jp/R&R/ticket10-dl.html
 *お早めにアクセス、プリントアウトされる事をお勧め致します。
 ------------------------------------------------------------------
▼「第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展」
 テーマ:サスティナブル・デベロップメント―持続可能な発展のために―
http://www.refo.co.jp/R&C2004/
 主催:建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展組織委員会
 共催:(社)東京建築士会
 期日: 2004年(平成16年) 6月23日(水)〜25日(金)
 開場、時間:10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
 会場:東京国際展示場 <東京ビッグサイト> 東1ホール
 展示規模:380小間(予定)
 入場料:1,000円、学生5割引、団体3割引(30名以上)
 入場予定:10万人(予定)
 出展申込・問合せ:〔建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展
 事務局 〒165-0026 東京都中野区新井1-34-14(株)テツアドー出版
  内 電話03(3228)3401〕
─────────────────────────────────
┏━━━━━━┳┓                   ┏━━━━━┓
┃RRC10 記念 ┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 新刊本 ┃
┗━━━━━━┛                    ┗━━━━━┛
 〜第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展
  開催記念出版本の紹介〜

テツアドー出版は、この度第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバ
ージョン展の開催を記念し、3冊の新刊本を発行します。3冊共、すべて
展示会当日実施される、特別セミナープログラム(聴講無料・事前登録不要)
のテキストとなっています。展示会当日セミナー会場及びテツアドー出版の
ブースで、3冊共、各々特別価格2,000円(税込)で販売します。

☆『建築コンバージョン事例100』
☆『サスティナブル建築−3R建材−』
☆『大規模改修にむけたマンション管理組合読本
   大成功したリフォーム事例−修繕からグレードアップまで』

*3冊共定価は3,200円(税込)ですが、展示会開催中会場内に於いて特別
 価格2,000円(税込)で販売しますので、展示会ご来場の際にお買い求め
 頂ければ幸いです。
 ------------------------------------------------------------------
☆『建築コンバージョン事例100』
 A5判約200頁 展示会特別定価=2,000円(税込)【定価3,200(税込)】
 〔編集=R・R&C展コンバージョン委員会(松村秀一委員長)
  発行=テツアドー出版〕
 同書は、コンバージョン(用途変更)された建物の事例を「Before&After」
 の写真と解説文で紹介し、同事例集として秀逸と言えよう。
 特別セミナー6月23日『建築コンバージョン事例100』のテキストです。
 *同書の詳細は近日紹介予定です
 ------------------------------------------------------------------
☆『サスティナブル建築−3R建材−』
 B5判424頁 展示特別定価=2,000円(税込)【定価3,000円(税込)】
 〔編集・発行=テツアドー出版〕
 同書は、持続的発展に向けた建築・建設資材の最新動向並びに3R建100商
 品を一挙に紹介している。
 特別セミナー6月24日『サスティナブル建築・3R建材』のテキストです。
 同書の目次:
 1.サスティナブル建築の動向
 1.1 2005サステナブル建築世界会議東京大会(SB05Tokyo)
     安藤尚一氏(国土交通省 都市整備局・土地利用調整官)
 1.2 過去2回のSB国際会議に参加して
     小西敏正氏(宇都宮大学工学部建設学科・教授)
 1.3 建築仕上げ材料とリサイクル−現状認識と今後の課題−
       本橋健司氏(独立行政法人建築研究室・上席研究員)
 1.4 建築のLCAのためのライフサイクルモデル
     菊池雅史氏(明治大学理工学部建築学科・教授)
 1.5 持続的発展が可能な建築解体のシステム化
         青山謙一氏(東亜道路工業株式会社・顧問)
 1.6 持続的発展のための先端的高付加価値型再資源化技術の例
      小山明男氏(明治大学理工学部建築学科・専任講師)
 2.環境システム−建設廃棄物の一元管理−
     解体設計     東亜道路工業(株)
     中間処理最終処分   (株)IWD
     汚染土壌調査・修復  (株)利根ボーリング
     再資源化     クリスタルクレイ(株)
 3.3R建材データ集
 ------------------------------------------------------------------
☆『大規模改修にむけたマンション管理組合読本 
 大成功したリフォーム事例−修繕からグレードアップまで』
 A4判変形318頁 展示会特別定価=2,000円(税込)【定価3,200円(税込)】
 〔編著=三木 哲   発行=テツアドー出版〕
 同書は、大規模修繕工事に取り組むに当たり、マンション管理組合が建築
 家をパートナーとして成功させた事例を紹介している。
 特別セミナー6月25日『大規模修繕を終えた大型団地』のテキストです。
 同書の目次:
 はじめに
 −序− マンションの大規模修繕による再生
 第1章 はじめての大規模修繕
 ■公団・中層分譲団地の大規模修繕工事
  住宅都市整備公団が分譲したプレキャストコンクリート板構造、5棟の
  中層団地
 ■コーポラティブ方式のマンション
  コーポラティブ方式で分譲した5棟の団地
 ■バブル期に建設された超高級団地の大規模修繕工事
  戸当り平均160平方mの超大型住戸の集合住宅団地
 ■市街地型・小規模マンションの大規模修繕工事
  販売会社も元施工会社も倒産し、竣工図面もない市街地型・小規模マン
  ション
 第2章 中規模修繕から第2回目の大規模修繕へ
 ■大規模団地の鉄部塗装を中心とした中規模・計画修繕工事
  中規模修繕で機械式駐車装置や苔洗浄、ダクト清掃、バリアフリー化、
  ゴミ置建替
 ■民間マンションの二回目の大規模修繕工事
  ストークマンション南浦和の第二回目の大規模修繕工事
 第3章 大規模修繕でマンションをグレードアップする
 ■二回目の大規模修繕工事でエレベーターを増・改築する
  ファミール西八王子の第二回目の大規模改修工事
 ■給排水・給湯システムを全面的にリニューアルする
  ファミール西八王子の給排水・給湯管設備改修とライフライン性能の向上
 第4章 屋外環境を整備する
 ■駐車場・駐輪場を増設し、屋外環境を整備する
  屋外配置計画を見直し、駐車場増設と植栽再配置する
 ■傾斜地を利用し平面駐車場を自走式立体駐車場に変更する
  団地環境改修と立体駐車場増築計画
 ■団地屋外環境の総合的改善・整備事業
  自治会館新築、駐車場・駐輪場の増設と団地内緑化環境の整備計画
 第5章 マンションの災害復旧
 ■崖崩れに遭ったマンションを復旧する
  区分建物の崖崩れ災害と復旧の記録
 あとがき
------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━┳┓                  ┏━━━━┓
┃業界最新ニュース┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓NEWS┃
┗━━━━━━━━┛                   ┗━━━━┛
▼「ゼロエミッション」の実現を目指す(積水化学工業)
http://www.sekisui.co.jp/
 積水化学工業は、2005年3月までに、戸建て住宅の増改築現場から発生し
 た不要な部材や資材をすべて資源として活用する「ゼロエミッション(ご
 みゼロ)」の実現を目指す。部材や資材を専門に回収するトラックをリフォ
 ームの主要拠点に配置するなど効率的な回収体制を今年9月をめどに構築、
 10月以降、一気に全国展開する予定となっている。 同社は昨年9月、新
 築現場でのゼロエミ化を実現しているが、現場によって発生する廃棄物が
 異なるリフォーム事業でゼロエミ化を図るのは、大手住宅メーカーでは同
 社が初めてとなる。

▼「屋上用ユニット型ビオトープ」を開発(清水建設)
http://www.shimz.co.jp/
 清水建設は、このほど10平方メートルの空間でさまざまな生物が生息でき
 る「屋上用ユニット型ビオトープ」を開発した。同社研究所での比較調査
 の結果、屋上で小規模でも、ビオトープを設置することで「生物多様性」
 を高めることができ、都市域の生態系の復元・維持に貢献できることが確
 認できた。今後、コスト試算や施工法などの標準化を進め、屋上緑化で利
 用した生き物との共生を図る有効な手段として、「屋上用ユニット型ビオト
 ープ」を提案して行く。

▼「中古マンションを改修後、分譲」(マミヤ都市開発)
http://www.mamiya-kyoto.co.jp/
 不動産仲介業などを手がけるマミヤ都市開発(京都市)は、このほど京都
 市で中古マンションの室内改修事業を始めた。同社が物件を買収して改修
 した上で分譲するほか、マンションオーナーや入居者に改修を勧めていく。

▼「首都圏整備に関する年次報告(平成16年版首都圏白書)」(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/hakusyo/syutoken_hakusyo/h16/h16syutoken_.html

▼「建設技術研究開発課題の採択決定について・建設技術研究開発助成制度」
 (国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/13/130608_.html

▼「平成15年度住宅着工統計による再建築状況の概要」(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/saiken~h15.htm

▼「環境ロジスティクス・データベースの創設について」(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/01/010607_2_.html 

▼ 「改修によるマンションの再生手法に関するマニュアルの作成」
 (国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/07/070603_.html

 
〜大規模修繕工事等の見積参加企業を募集しています〜
  掲載希望の要項は必ず、メール(mag@refo.jp迄)もしくはデータで当方 
  に送付して頂きますよう、お願いします。 FAXのみでは応じかねる場合
  もございます。

┏━━━━━━━┳┓           ┏━━━━━━━━━━━━┓
┃新製品・新工法┃┗━━━━━━━━━━━┓NEW PRODUCTS┃
┗━━━━━━━┛            ┗━━━━━━━━━━━━┛
▼ リニューアル・オープン「銀座ショールーム」
http://www.INAX.co.jp/
 同社のアーキプラザが、このほど「銀座ショールーム」として、リニュー
 アル・オープンした。同社らしい“ライフスタイル提案”で生活者の求め
 る上質な空間を実現し、かつ、専門家へのプロフェッショナルな対応機能
 もより強化し、多くの生活者の来館に向け、新たに土曜日・日曜日・祝祭
 日も営業を行う。(INAX)

▼ユニバーサルデザインのトイレ「レストパルDX」
http://www.toto.co.jp/
 人間工学的に検証した“高さ700mmのカウンター”や、“ハンドグリップ”、
 “昇降式ウォールキャビネット”などの機能が付いたユニバーサルのデザ
 イントイレで、掃除のしやすさを徹底的に追求した“フチなしトルネード
 便器”をキャビネットに組み込みむなど、キャビネット式便器としては世
 界最小サイズとなっている。(TOTO)

▼ファブリックエクステリア・機能ポール「ヌノアール」に3型追加
http://www.sankyoalumi.co.jp/
 昨年春に発売した“新色”、“新素材”をテーマにしたファブリックエクス
 テリア商品・機能ポール「ヌノアール」にシンプルなデザインの3型が追
 加発売された。同品はスタイリッシュでモダンなエクステリアを演出する
 ファブリック素材(布)を用いた個性的な機能ポール。
 (三協アルミニウム工業)

 _PR_______________________________

 ★一級建築士事務所★ 株式会社 東京建物リサーチ・センター ■■■
    ・     ・   ・   ・  ・ ・・‥‥………※  ■
 マンションの調査診断・施工監理・改修設計は私たちにお任せ下さい!■
    ★┌─┐ . ☆       ▼ 詳しくはホームページから ▼
   .☆ │□└┐ ★.        http://www3.ocn.ne.jp/~trc21

_PR_______________________________

■■■トータルメンテナンスシステム◆ダイヤビフレッシュシステム◆■■■
      ★改装★乾式パネル塗替え★外壁貼りタイル改修★
         −そのほか各種塗り替え工法を提案−
      <事業所:北海道・東日本・関東・関西・西日本>
■■■■ 恒和化学工業株式会社  http://www.dia-kowa.co.jp/ ■■■■

─────────────────────────────────

┏━━━━━━┳┓                   ┏━━━━━┓
┃イベント情報┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓EVENT┃
┗━━━━━━┛                    ┗━━━━━┛
▼「特殊建築物等調査資格者講習」 開催
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/
 新宿歌舞伎町火災では不適切な維持保全が被害の拡大を招いたように、建
 築物の維持保全は重要な問題であり、その出発点が建築物の健康診断と言
 える建築物の定期的な調査である。現に、いろいろな人々が出入りする特
 殊建築物等では、建築基準法第12条第1項により定期調査が義務付けられ
 ており、この調査業務を行うのが「特殊建築物等調査資格者」である。建
 築基準法施行規則第5条が改正され、定期調査の結果について行政庁へ最
 低限報告すべき項目が統一された。最新の調査内容と調査方法の修得を紹
 介する。
 主催:(財)日本建築防災協会
 講習の対象者:
 ∇1・2級建築士、建築基準適合判定資格者(建築主事)の資格を有する
 者∇既認定資格者 ∇その他―などで、詳細は日本建築防災協会HPの講習
 会案内を参照のこと。
 受講料:
 一般(4日間)が47,000円、1・2級建築士、建築基準適合判定資格者及
 び既認定資格者(3日間)が40,000円。
 開催地・時期(会場):
 大阪=9月28〜10月 1日(大阪証券会館9階ホール)
 東京第1=10月12日〜10月15日(自治労第一会館6階ホール)
 新潟=10月26日〜10月29日(ハミングプラザVIP4階アポロン)
 福岡=11月 9日(火)〜11月12日(福岡建設会館8階ホール)
 名古屋=11月16〜11月19日(昭和ビル9階ホール)
 東京第2=11月30日〜12月 3日(サンケイプラザ3階会議室)
 以上、会場の選択は受講者の自由。
 申込受付:6月21日より各会場とも開催3週間前まで(必着)。
 問い合わせ:〒105-0001 東京都港区虎ノ門2−3−20虎ノ門YHKビル8階
 電話03(5512)6451 FAX03(5512)6455 http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

▼「2004年日本建築学会(作品)受賞者記念講演会・『作品を語る』」
 主催:(社)日本建築学会・北陸支部・近畿支部
 協賛:日本板硝子(株)、東京ガス(株)
 受賞作品:
  国立国会図書館関西館(陶器二三雄氏・陶器二三雄建築研究所代表)
  ポーラ美術館(安田幸一氏・東京工業大学助教授、元・日建設計)
  福島県立郡山養護学校(渡部和生氏・★建築計画代表)
 内容:
  2004年日本建築学会賞(作品)の受賞者による記念講演ならびにパネル
  ディスカッション
 会場・日時 ・場所:
  東京会場=7月1日(木)(18:00〜20:30)・建築会館ホール(東京都
      港区芝5−26−20)
  京都会場=7月5日(月)(18:00〜20:30)・ARC COMPLEX 1928(京都
      市中京区三条御幸町角1928ビル)
  新潟会場=7月12日(月)(18:00〜20:30)・朱鷺メッセ(新潟市万代
      島6−1)
 定員:各会場共250名(当日先着順・入場無料)

▼「Back to the Fuller/Forth to the Future
   〜ストラクチュラル・デザインのゆくえ〜」
 主催:(社)日本建築学会
 日程:
  7月30日(金)9:00〜 レクチャーおよびワークショップ
  7月31日(土)9:00〜 ワークショップおよび懇親会
  8月1日(日)〜6日(金)12:00 作品展示
 会場:建築会館中庭イベントスペース(東京都港区芝5−26−20)および
    建築博物館
 内容:?展示と講演 ?体験力学・体験構造 ?コンテスト当選案の協同
    制作
 参加費:1,000円(当日徴収)
 定員:50名(申込先着順・ワークショップのみの参加可)
 申込締切り:7月12日(月)
 申込・問合先:事務局研究事業部 担当=鎌田e-mail=kamata@aij.or.jp

▼「第13回マンションリフォームマネジャー試験」概要
http://www.chord.or.jp 
 住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは、第13回マンションリフォー
 ムマネジャー試験を次の通り実施する。今回から次の点が変更されている。
 ∇どなたでも受験が可能となった∇マンションリフォームマネジャーは、
 「マンション標準管理規約」のコメントで専門知識を有する者として位置
 づけられた。
 主催:(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
 日程:∇受験申込書領布=6月28日〜8月13日∇受験申込受付=7月12
 日〜8月13日∇試験日=10月3日∇合格発表=12月13日
 試験地:札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
 受験料:13,650円(消費税込み)
 受験申込書:販売場所北海道インテリア研究所、(財)宮城県建築住宅セン
 ター 、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター、(社)かながわ住まい・
 まちづくり協会、(財)川崎市まちづくり公社、(財)愛知県建築住宅センタ
 ー、(財)大阪住宅センター、(財)兵庫県住宅建築総合センター、(財)福
 岡県建築住宅センター
 問合せ:(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 
 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6ム26−3(上智紀尾井坂ビル5階) 
 電話 03(3261)4567 FAX 03(3261)9357 hirai@chord.or.jp

▼ 「第13回東京都学生卒業設計コンクール2004公開審査会及び展示会」
http://www.jia-kanto.org/
 主催:(社)日本建築家協会関東甲信越支部 学生デザイン実行委員会
 後援:東京都、都市基盤整備公団、彰国社、新建築社、建築ジャーナル、
日経アーキテクチュア
 協賛:工学院大学、菊川工業株式会社
 開催日時:公開審査 6月5日、10:00〜16:00
            審査終了後、受賞者表彰パーティ
 展示 6月6日、10:00〜15:00
 会場:工学院大学新宿キャンパスアトリウム(東京都新宿区西新宿)
 参加大学:共立女子大学、工学院大学、国士舘大学、芝浦工業大学、昭和
 女子大学、多摩美術大学、東海大学、東京大学、東京家政学院大学、東京
 芸術大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都立大学、東京理科大、日
 本大学、日本女子大学、文化女子大学、法政大学、武蔵工業大学、武蔵野
 美術大学、早稲田大学 以上。
 審査委員長:芦原太郎(芦原太郎建築事務所)
 問合先:JIA関東甲信越支部事務局/菊地 電話03(3408)8291 
       TEL03(3408)8294  E-mail:rkikuchi@jia.or.jp
 
▼「東京デザイナーズウィーク」開催
http://www.tdwa.com/
 東京デザイナーズウィークは、優れたデザインを通して日本の生活文化の
 向上を目指すデザイン運動体として、毎年都内各エリアでイベントを行っ
 ている。今年は「生活の中の優れたデザインの見本市“デザインメッセ”」
 をテーマに、公式イベントを開催する。
 主催:NPO法人 東京デザイナーズウィーク
 同公式イベントの場所、日時及びテーマ:
 CONTAINER GROUND
  場所:江東区青海R地区
  会期:10月2日〜11日
  テーマ:コンテナ空間デザイン
「イスと小物家具たち」展
  場所:赤坂・アークヒルズ内 カラヤン広場
  会期:10月7日〜11日
  テーマ:イスと小物家具
 学生作品展「ストリートファニチャー」展
  場所:西新宿エリア一帯の公開空地
  会期:10月7日〜11日
  テーマ:ストリートファニチャー
 問い合せ先:NPO法人 東京デザイナーズウィーク事務局 〒107-0082 
 東京都港区青山1-17-11 電話03(3470)7699 FAX03(3470)7705
 *詳細は、HPをご覧下さい。

▼「マンション管理組合事務管理者養成講座(第5期)」開催
 NPO日住協が30余年にわたり集約・蓄積してきたノウハウをベースにした
 「管理組合によるマンションの管理」が学べる講座。マンション管理組合
 の事務管理者(自主管理組合の事務局長、管理主任、事務職員)を養成す
 るもので、さらに広く、管理組合の現役員や近く役員になろうとする方の
 ための研修・講座。個人として「マンション管理」を学ぼうとする方や、
 マンション管理士(合格者)が実務知識を習得するためにも役立つ(マン
 ション管理士はAコースは修了したものとして免除)。全課程修了者には
 修了書が授与され、全管連・事務管理者試験の受験資格が得られる。
主催:NPO法人 日本住宅管理組合協議会
申込期間:Aコース=4月21日〜6月1日
  Bコース=4月21日〜7月13日
  Cコース=4月21日〜8月31日
受講料:1コース=48,000円
  申込金=10,000円(NPO日住協の会員マンション管理組合の方は無料)
問合せ:日本住宅管理組合協議会 電話03(5256)1241 
  FAX03(5256)1243  E-mail=info@mansion-kanrikumiai.or.jp

▼「JIA連続シンポジウム2004」開催
http://www.jia.or.jp
 日本建築家協会は、「建築づくりの現場で何がおきているのか」をテーマ
 に市民とともに考える連続シンポジウムを、開催する。同協会では、普
 段建築に関わりの無い学生及び一般の方の多くの参加を希望している。
 主催:(社)日本建築家協会 
 予定(テーマ):
  第2回 6月頃予定 「建築士は設計・監理責任を取れるか」
  第3回 7月頃予定 「多くの公共建築の設計者は入札で決まる」                       
 会場:JIA館1階ホール(東京都渋谷区神宮前2−3−18)
 参加費:参加費:2,000円、一般市民・学生:無料
 問合せ・申込先:JIA事務局 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2−3−18 
  JIA 館4階 電話 03(3408)7125  FAX 03(3408)7129 
  E-mail:rkikuchi@jia.or.jp
*詳細は、HPをご覧下さい。

▼「JIAトーク2004」開催
http://www.jia.or.jp
同イベントは既に10年以上も続いており、毎回様々な分野の芸術家らが
 講師を担当し、好評を博している。
主催:JIA関東甲信越支部JIAトーク実行委員会
 協賛:日新工業(株)、日本アスファルト工事業協同組合
 会場:建築家会館1階ホール東京都渋谷区神宮前2−3−18 (駐車場無)
 参加費:無料
 定員:各回100名
申込方法:氏名,会員番号、勤務先、勤務先電話番号、メールアドレス等
を明記の上、下記まで 郵送(はがき)電話、ファクス、Eメール等で。
申込先:(社)日本建築家協会関東甲信越支部 担当:坪内 靖弘
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 電話03(3408)8291  
  FAX 03(3408)8294 E−mail:ytsubouchi@jia.or.jp
 予定(講師):
  第2回 7月14日、18:30〜20:30 桐谷エリザベス氏(エッセイスト)
  第3回 10月20日、18:30〜20:30 植木浩氏(元文化庁長官)
  第4回 11月24日 日比野克彦氏(造形作家)

▼「環境建築連続セミナー2004 CPD:各回3単位」開講
http://www.jia.or.jp
 環境と建築の関係を深く考える連続セミナーで、主なテーマ(講師)は4
 月10日=「エネルギーと環境問題」中上英俊氏(住環境計画研究所)、5
 月29日=「ライフスタイルとエネルギー消費」井上隆氏(東京理科大学理
 工学部)、7月3日=「換気実態とその計画」福島明氏(北海道建設部建築
 指導課主幹)、9月11日=「廃棄物処理と残留フロン」野城智也氏(東京
 大学生産技術研究所)、10月15日=「環境建築賞を聞く」環境建築賞優秀
 賞公開プレゼンテーション、11月20日=「地球環境と新エネルギー」槌屋
 治紀氏(システム技術研究所所長)。
 主催:(社)日本建築家協会           
 企画運営:日本建築家協会環境行動委員会
 後援:社団法人東京建築士会 
 時間:6回何れも、13:00〜16:00               
 会場:JIA館3階セミナールーム(東京都渋谷区神宮前2−3−18)
 参加費:各回:3,000円(連続の方は:15,000円)
 問合せ・申込先:JIA事務局 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2−3−18 
  JIA 館4階 電話 03(3408)7125  FAX 03(3408)7129 
  E-mail:msakamoto@jia.or.jp

▼ 「第21回住まいのリフォームコンクール」実施概要決定
http://www.chord.or.jp
 主催:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 
 後援:国土交通省、住宅金融公庫、都市基盤整備公団、住宅リフォーム推
    進協議会 
 協賛:(財)ベターリビング 他17団体
 対象:平成14年6月から平成16年5月までの間に、リフォーム工事を完
    了した住宅(国内にあるものに限る)を対象とし、リフォーム後に
    住宅であるものに限る。
 締切:6月15日(必着)
 発表:9月上旬(予定)
 問合せ:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 〒102-0094 東京都
     千代田区紀尾井町6−23 上智紀尾井坂ビル5階 
     電話 03(3261)4567 FAX 03(3261)9537

▼ 「第13回マンションリフォームマネージャー試験」実施概要決定
http://www.chord.or.jp
 主催:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 
 日程:受験申込書領布=6月28日〜8月13日
    受験申込受付=7月12日〜8月13日
    学科・設計製図試験=10月3日
    合格発表=12月13日(予定)
 受験料:13,650円(消費税込)*前年又は前々年に片方の試験のみ合格者
    は10,500円
 試験地:札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
 問合せ:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 〒102-0094 東京都
     千代田区紀尾井町6−23 上智紀尾井坂ビル5階 
     電話 03(3261)4567 FAX 03(3261)9537
     Email:hirai@chord.or.jp

▼「平成16年度(社)建築・設備維持保全推進協会(BELCA)資格取得講習会
 スケジュール」のお知らせ
 開催地:開催期間・会場・募集定員
 ◆建築設備診断技術者(ビルディングドクター・建築設備)
 大阪:平成16年6月30日(水)〜7月2日(金)・大阪YMCA会館・150名
 東京:平成16年7月14日(水)〜7月16日(金)・自治労会館・240名
 案内配布開始日:平成16年3月上旬
 募集受付期間:平成16年4月1日(木)〜5月21日(金)
 ◆建築仕上診断技術者(ビルディングドクター・非構造)
 大阪:平成16年9月15日(水)〜9月17日(金)・大阪YMCA会館・120名
 福岡:平成16年9月29日(水)〜10月1日(金)・福岡建設会館・120名
 東京:平成16年10月13日(水)〜10月15日(金)・総評会館・220名
 案内配布開始日:平成16年5月上旬
 募集受付期間:平成16年7月1日(木)〜8月20日(金)
 ◆建築・設備総合管理技術者
 大阪:平成16年11月10日(水)〜11月12日(金)・大阪YMCA会館・
 40名
 東京:平成16年11月24日(水)〜11月26日(金)・飯田橋レインボー
 ビル・80名
 案内配布開始日:平成16年7月上旬
 募集受付期間:平成16年8月16日(月)〜9月30日(木)
 問い合わせ先:
 (社)建築・設備維持保全推進協会(BELCA)事業推進部 中野・間中
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル764
 電話 03(5252)3873 FAX 03(5252)3871

┏━━━━━━━━━━━━━━┳┓        ┏━━━━━━━━┓
┃月刊リフォームからのお知らせ┃┗━━━━━━━━┓MAGAZINE┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛         ┗━━━━━━━━┛

【月刊リフォーム特集予定】
 何とぞ本誌のご購読並びに本誌への広告のご出広をお願い申し上げます。

以下に今後の予定を紹介します。

◆ 6月号 ・第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展
       みどころ
      ・社会資本整備審議会報告
  ・(長谷工総研)

◆7月号 床リニューアル要素技術

◆8月号 外壁リニューアル要素技術

*編集部は常に時代のニーズ及び読者の声などに出来る限り応えて行くため、
 大変恐縮ですが、やむ終えず特集の予定が変更される場合もあります。
*月刊リフォームのご購読は原則、年間購読とさせて頂いております。
 年間ご購読料は(1部×12ヶ月)送料共15,000円(消費税別途)
ご購読のお申し込み、お問い合わせは電話03-3228-3401迄お願いします。

┏━━━━━━┳┓                ┏━━━━━━━━┓
┃リフォウェブ┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━┓REFO WEB┃
┗━━━━━━┛                 ┗━━━━━━━━┛
 
  情報充実のリフォウェブをぜひご利用下さい。
  ご意見・ご感想,ご質問等をお気軽にお寄せ下さい。

  リフォウェブアドレスはこちら http://www.refo.jp/

 新製品,イベント情報まで,各種投稿は下記までお願いします。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┓
┃発行元:テツアドー出版 http://www.refo.jp/   ┃発行部数:2710部┃
┃所在地:〒165-0026 東京都中野区新井 1-34-14  ┗━━━━━━━━┫
┃連絡先:Tel.03-3228-3401 Fax.03-3228-3410 担当:平野 mag@refo.jp
┃─────────────────────────────────┃
┃□バックナンバー http://www.refo.jp/mm/              ┃
┃□過去の豆知識  http://www.refo.jp/mm/shittoku.html       ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃◆購読解除    http://www.refo.jp/mm/mmr.html          ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃■本メルマガはまぐまぐを利用しています http://www.mag2.com/    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
------------------------------------------------------------------------

*メールマガジン御申し込み