週刊★建築リフォーム&リニューアル

バックナンバー

申込・取消

2004/05/28 Friday  Vol.242

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
月刊「リフォーム」のテツアドー出版が発行する業界最新ニュース! ┃

■■  ■■      週刊★建築リフォーム&リニューアル    ┃
■ ◆ ■ ◆       2004/05/28 Friday Vol.242     ┃
■■ &■■ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ ▼ ▼ ■┃      5月号は好評発売中!         
┗━━━━━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ■本マガジンは等幅フォントでご覧下さい。表示がズレる方は下記ホーム
  ページをご覧下さい。       http://www.refo.jp/mm/thf.html
 --------------------------------------------------------Magazine--
     ★日本で唯一のリフォーム&リニューアル技術情報誌★
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
         □ 月 刊 リ フ ォ ー ム □
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
    <年間購読15,000円(税別)>  http://www.refo.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------
  〜5月号:特集『マンション リフォーム ケーススタディ』〜

┏━━━━━━━━┳┓                  ┏━━━━┓
┃業界最新ニュース┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓NEWS┃
┗━━━━━━━━┛                   ┗━━━━┛
▼「仏ドゴール空港の屋根崩落」(各メデイア)
 仏国パリ郊外のシャルル・ドゴール空港で23日午前7時前(日本時間同午
 後3時前)、新しいターミナルの屋根が崩落し、この事故では4人が死亡
 した。 崩落したターミナルは、工期が延びたすえに11カ月前にオープンし
 たばかり。フランス当局は刑事事件として捜査を開始している。

▼「不動産業の景気DIが5カ月連続改善」(帝国データバンク調べ)
http://www.tdb.co.jp/
 帝国データバンクは、このほど4月の景気動向調査結果を発表し、不動産
 業の景気動向指数(景気DI)は5カ月連続の改善となった。不動産業の景
 気DIは46.2(前月比0.3ポイント改善)だった。先行き見通しDIは3カ
 月後が50.6(同1.4ポイント改善)、6カ月後が51.9(同0.6ポイント改
 善)、1年後が53.0(同0.3ポイント悪化)とともに判断の分かれ目となる
 50ポイントを超えた。 なお、全体の景気DIは45.0(前月比1.3ポイント
 改善)で、15カ月連続の改善となった。改善幅は3カ月連続で1ポイント
 を超えており、引き続き景況感は順調に改善している。先行き見通しDIは
 3カ月後が50.0、6カ月後が51.2、1年後が51.1となっている。

▼「8割以上が空き巣に不安」(インデックスデジタル調べ)
http://www.mailstyle.com/
 マーケティングリサーチのインデックスデジタルは、このほど住まいの防
 犯に対する意識や防犯設備の設置状況・設置意向についてアンケート調査
 の結果を発表し、8割の人が空き巣へ不安を感じているものの、ゴミ出し
 時施錠する人は3割にとどまった。同調査は住宅リフォーム仲介サイト
 『ホームプロ』の会員を対象にアンケート調査したもので、調査期間は5
 月7〜11日、有効回答数は615件であった。空き巣に遭う不安を感じるか
 との問いには、「大いに感じる」(29.4%)、「少し感じる」(54.6%)
 を合わせ8割以上が不安を感じると回答し、その理由としては、「テレビな
 どで空き巣に関するニュースを見たから」(56.7%)が最も多く、「防犯設
 備が充分でないと感じるから」(50.7%)、「近所の人が被害に遭ったから
 」(44.5%)と続いている。また、ゴミ出し程度でも錠をかけるかとの問い
 には、「必ずかける」は分譲マンション居住層で69.0%、一戸建て居住層で
 は27.7%だった。空き巣の不安を感じる人が8割以上と高かったものの、
 防犯行動に結びついているとは言えないのという結果となった。

▼「首都圏で特定目的会社(SPC)が開発するマンションの受注強化」
 (前田建設工業)
http://www.maeda.co.jp/
 同社は、このほど中堅デベロッパーのプロパストなどが設立したSPCが開
 発する東京都内のマンションの設計・施工を受注した。同開発手法をとれ
 ば資金力が乏しい中堅企業でも大型物件を手掛けやすく、今後も中堅企業
 にSPC結成の働きかけを強め、SPCへの出資も検討して行く。受注した東
 京・有明のマンション『ガレリア グランデ』は地上27階建て、総戸数は
 413戸で、受注額は約100億円。プロパストなどが設立し、オリックスなど
 が出融資するSPCが事業主体で、2006年2月に完成する予定となっている。

▼「携帯電話がマンションのキーに」(コネクトテクノロジーズ)
http://www.connect-tech.co.jp/
 携帯電話向けシステム開発のコネクトテクノロジーズは、このほど非接触
 ICカード付き携帯電話をマンションのカギとして使う電子錠システムを開
 発し、8月から不動産会社やマンション管理者に販売する。カギ穴のピッキ
 ングや不正な複製を防ぐことで、入居者の安全性を高めることができる。
 コネクトは携帯電話の高機能化の流れをとらえ、新事業に活用する。同シ
 ステムでは、まずマンションの管理者が配信管理用のサーバーを準備し、
 一方入居者は携帯電話からインターネットで接続し、カギの代わりになる
 電子錠の開閉ソフト(マスターキー)をICカードにダウンロードする。な
 お、価格はマンション30室で約500万円と予想されている。

▼「主要建設資材月別需要予測(平成16年6月分)」(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/index.html

▼「木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について
 (平成16年3月分及び平成15年度分)」(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha04/07/070520_.html

〜大規模修繕工事等の見積参加企業を募集しています〜
  掲載希望の要項は必ず、メール(mag@refo.jp迄)もしくはデータで当方 
  に送付して頂きますよう、お願いします。 FAXのみでは応じかねる場合
  もございます。

┏━━━━━━━┳┓           ┏━━━━━━━━━━━━┓
┃新製品・新工法┃┗━━━━━━━━━━━┓NEW PRODUCTS┃
┗━━━━━━━┛            ┗━━━━━━━━━━━━┛
▼タンクレストイレを採用したトイレ空間「レストパルDX」
http://www.toto.co.jp/
 手洗い器や鏡などのトイレ空間全体をセットとして提供するもので、タン
 クレストイレの採用により、壁面のカウンターの高さをこれまでより低い
 70センチに抑えている。(TOTO)

▼「シンプルモダン」シリーズ
http://www.ykkap.co.jp/
 主に30〜40代にマーケットを絞った、直線的な外観の門扉や小窓などのシ
 ンプルでモダンなエクステリア製品。(YKKAP)

▼金属下地屋根シート防水システム「SD-EZ仕様」
http://www.lonseal.co.jp/
 単体で屋根30分耐火認定を取得済みの「スーパーEデッキ」を下地とし、
 断熱材とルーフィングで構成する金属下地屋根シート防水システムで、耐
 火性・断熱性・防水性すべてにすぐれた性能を発揮する上に、屋根全体の
 大幅な軽量化を実現し、工期短縮・施工コスト低減に大きく貢献するもの
 となっている。(ロンシール工業)

▼マスキングテープ「No.725」
http://www.nitto.co.jp/
 主にガラス・サッシ間へのシーリング剤充填時に貼付し、施工後はがすこ
 とではみ出したシーリング剤を取り除いて仕上がりを美しくするためのマ
 スキングテープ。(日東電工)

▼「H100mmのレベル調整式溝配線OAフロア」
http://www.ky-tec.co.jp/
 レベル調整式二重床で溝配線機能をもつ全く新しいOAフロア。
 (共同カイテック)

 _PR_______________________________

 ★一級建築士事務所★ 株式会社 東京建物リサーチ・センター ■■■
    ・     ・   ・   ・  ・ ・・‥‥………※  ■
 マンションの調査診断・施工監理・改修設計は私たちにお任せ下さい!■
    ★┌─┐ . ☆       ▼ 詳しくはホームページから ▼
   .☆ │□└┐ ★.        http://www3.ocn.ne.jp/~trc21

_PR_______________________________

■■■トータルメンテナンスシステム◆ダイヤビフレッシュシステム◆■■■
      ★改装★乾式パネル塗替え★外壁貼りタイル改修★
         −そのほか各種塗り替え工法を提案−
      <事業所:北海道・東日本・関東・関西・西日本>
■■■■ 恒和化学工業株式会社  http://www.dia-kowa.co.jp/ ■■■■

─────────────────────────────────
┏━━━━━━┳┓                   ┏━━━━━┓
┃イベント情報┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓EVENT┃
┗━━━━━━┛                    ┗━━━━━┛
▼「第10回建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展」のお知らせ 
テーマ:サスティナブル・デベロップメント―持続可能な発展のために―
http://www.refo.co.jp/R&C2004/
 主催:建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展組織委員会
 共催:(社)東京建築士会
 期日: 2004年(平成16年) 6月23日(水)〜25日(金)
 開場、時間:10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
 会場:東京国際展示場 <東京ビッグサイト> 東1ホール
 展示規模:380小間(予定)
 入場料:1,000円、学生5割引、団体3割引(30名以上)
 入場予定:10万人(予定)
 出展申込・問合せ:〔建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展
 事務局 〒165-0026 東京都中野区新井1-34-14(株)テツアドー出版
  内 電話03(3228)3401〕
 *現在出展者を募集しております。早期申込による割引特典(平成16年
  2月末日までにお申込みになり、かつ、3月末までにお支払いいただく
  場合20%割引)もございます、宜しくお願い申し上げます(事務局)。

▼「コンバージョンのテクニックと事例100選(仮題)」掲載事例物件募集
  のお知らせ
 『第10回 建築リフォーム・リニューアル&コンバージョン展』組織委員
  会では、展示会の開催を記念する図書として、コンバージョン(用途変
  更)された建物の事例集『コンバージョンのテクニックと事例100選』
(仮題)を発刊することといたしました(2004年4月末発刊予定)。
  現在、専門部会「コンバージョン委員会」(委員長・松村秀一 東京大学
  助教授)を中心に準備を進めておりますが、同図書の内容をより充実し
  たものとするために、建築業界全体に広くコンバージョン事例を募集し
  ます。 下記をご参照のうえ、奮ってご応募をお願いします。

【応募要項】
1.募集内容=コンバージョン(用途変更)された建物の事例
  1-1. 我が国々内における事例とする
  1-2. 住宅・非住宅を問わない
  1-3. 木造・非木造を問わない
  1-4. 建物全体でなく、部分的にコンバージョンされた事例を可とする
  1-5. 計画段階・設計段階のものを可とする
  1-6. 建物単体に限らず、地域エリアでの事例を可とする
  1-7. 施工年次を問わない
  1-8. 他媒体における発表・未発表を問わない
2.応募方法
  下記の項目をご記入の上、『コンバージョンのテクニックと事例100選』
(仮 題)応募資料と明記して、本展示会事務局まで電子メール・FAXでご送
付下さい。コンバージョン委員会にて検討し、掲載の合否を決定します
(応募事例すべてを掲載するわけではありません)。
 なお掲載が決定した際は、別途取材をさせていただくことがあります。
∇連絡先(氏名・会社名・住所・電話・FAX・E-mail)
∇物件名称(施工の前後で変更がある場合は両方を御記載下さい。非公開
を 希望の場合は明記下さい)
∇物件住所(非公開を希望の場合は明記下さい)
∇物件用途(施工の前後、両方の用途をご記入下さい。例=オフィスビル_
賃貸マンション)
∇物件概要(竣工年月、コンバージョン施工年月、構造・面積等)
∇施工前後の写真・図面等の有無
∇物件・工事の特徴
・コンバージョンを行った(計画した)目的・理由
・コンバージョンを行った(計画した)際に、生じた課題・問題
・ コンバージョンを行った(計画した)際に使用した、特別な技術・工
法・材料など
・コンバージョン前後の入居状況
・その他どのようなことでも結構です
3.その他
3-1. 応募ならびに掲載にあたって、応募者には費用等の一切の負担は
生じません
3-2. 応募資料は原則として返却しません。写真等必要な場合は焼き増
ししたものをご送付願います
  3-3.  本図書の著作権はコンバージョン委員会が保有するものとします

コンバージョン委員会事務局
(株)テツアドー出版 担当:土谷 哲朗
電話03-3228-3401 FAX03-3228-3410 E-mail=tsuchiya@refo.jp

▼「環境に優しいリニューアル技術」ファスニング・アカデミー2004開催
http://www.hilti.co.jp/(日本ヒルティ)
 日本の建築業界及び土木、設備、営繕等に関連する業界の専門の皆様を対
 象に、ファスニングに関わる内外最新技術の動向を多角的に伝達しようと
 するもので、今回のテーマは「環境に優しいリニューアル技術」。建築に関
 わるファスニングをトータルシステムで考えるヒルティ社では、関係する
 皆様の人的交流、情報交換にいささかでも寄与できればとの趣旨で、すで
 にスイス、イタリア、中国、韓国等各国で同様の趣旨で、「ファスニングア
 カデミー」を開催し、世界各国の各々同専門業界の皆様から好評を博して
 おり、多数の皆様のご参加をお願い申し上げます。
 講師及び演題(予定):
 ∇ロルフ・エリゲハウゼン氏(シュツットガルト工科大学教授)=注入式接
 着系アンカーの紹介と、注入式接着系アンカーを採用したヨーロッパにお
 ける鉄筋定着工法 ∇広沢雅也氏(工学院大学建築学科教授)=既存建物の
 居つき補強副題「部分スリットとあと施工アンカーの活用」∇杉政進氏
 (建築改装協会手摺委員会手摺委員長)=改修用墜落防止手すりBL認定品
 のご紹介とあと施工アンカー選定基準 ∇木内俊明氏(国士舘大学教授)
 =建築設備耐震工事におけるあと施工アンカーの役割と重要性∇神山義則
 氏(戸田建設技術統括部原子力室室長)=ガルバニック・ワイヤーによる
 金属配管切断試験 ∇横手幸伸氏(清水建設建築事業本部設備技術部副部長
 )=低騒音型ドリル(ヒルティーハイブリッドEC-1)の騒音・振動特性
 従来型ハンマードリルとの固体伝搬性状の比較− ∇涌井一氏(鉄道総合技
 術研究所研究開発推進室主管研究員)=複合レールによる線路構造の革新
 ∇シュベルク・ヘリバート氏(ヒルティ社 インターナショナルコンストラ
 クションマネージメント)=世界におけるHILTIファスニング技術の紹介
 ―などで、中でもエリゲハウゼン氏は、あと施工アンカーの分野で世界的
 に著名な研究者で、FIB(国際コンクリート工学会) ファスニング委員会
 委員長、CEN(欧米基準委員会)ファスニング委員会・委員長なども努めて
 いる。
 主催:日本ヒルティ(株)
 日時:2004年6月11日(金)、9:30 〜17:00
 場所:工学院大学新宿キャンパス本館3階大教室 (新宿区西新宿1−24−2)
 受講料:無料(当日受講票が必要となりますので、事前にお申し込み下さい)
 定員:250名
 申込締切:5月31日
 申込み・問合せ:日本ヒルティ マーケティング本部広報課担当松浦宗三
  電話045(943)6277  FAX045(943)6234  e-mail: matssoz@hilti.com
 講演内容・問合せ:日本ヒルティ マーケティング本部担当指原洋一
  電話045(943)6278  e-mail: sashiyoi@hilti.com

▼「2004年日本建築学会(作品)受賞者記念講演会・『作品を語る』」
 主催:(社)日本建築学会・北陸支部・近畿支部
 協賛:日本板硝子(株)、東京ガス(株)
 受賞作品:
  国立国会図書館関西館(陶器二三雄氏・陶器二三雄建築研究所代表)
  ポーラ美術館(安田幸一氏・東京工業大学助教授、元・日建設計)
  福島県立郡山養護学校(渡部和生氏・★建築計画代表)
 内容:
  2004年日本建築学会賞(作品)の受賞者による記念講演ならびにパネル
  ディスカッション
 会場・日時 ・場所:
  東京会場=7月1日(木)(18:00〜20:30)・建築会館ホール
      (東京都港区芝5−26−20)
  京都会場=7月5日(月)(18:00〜20:30)・ARC COMPLEX 1928
      (京都市中京区三条御幸町角1928ビル)
  新潟会場=7月12日(月)(18:00〜20:30)・朱鷺メッセ
      (新潟市万代島6−1)
 定員:各会場共250名(当日先着順・入場無料)

▼「Back to the Fuller/Forth to the Future
   〜ストラクチュラル・デザインのゆくえ〜」
 主催:(社)日本建築学会
 日程:
  7月30日(金)9:00〜 レクチャーおよびワークショップ
  7月31日(土)9:00〜 ワークショップおよび懇親会
  8月1日(日)〜6日(金)12:00 作品展示
 会場:建築会館中庭イベントスペース(東京都港区芝5−26−20)および
    建築博物館
 内容:?展示と講演 ?体験力学・体験構造 ?コンテスト当選案の協同
    制作
 参加費:1,000円(当日徴収)
 定員:50名(申込先着順・ワークショップのみの参加可)
 申込締切り:7月12日(月)
 申込・問合先:事務局研究事業部 担当=鎌田e-mail=kamata@aij.or.jp

▼「ビル・マンションの防錆技術セミナー(給水管劣化対策)」
 主催:呉羽テクノエンジ(株)
 場所:堀留町区民会館(東京都中央区堀留町1−1−1)
 時間:13:00〜16:30(受付12:30)
 内容(講師):
  ? 金属腐食のメカニズム(竹内廣信氏・呉羽テクノエンジ施設
    防食部グループリーダー)
  ?各種対策工法の概要(伊村行正氏・呉羽テクノエンジ施設防食部長)
  ?質疑応答
 問合先:呉羽テクノエンジ施設防食部 セミナー担当・水島清輝 
    電話03(5649)2346 

▼「第13回マンションリフォームマネジャー試験」概要
http://www.chord.or.jp 
 住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは、第13回マンションリフォー
 ムマネジャー試験を次の通り実施する。今回から次の点が変更されている。
 ∇どなたでも受験が可能となった∇マンションリフォームマネジャーは、
 「マンション標準管理規約」のコメントで専門知識を有する者として位置
 づけられた。
 主催:(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
 日程:∇受験申込書領布=6月28日〜8月13日∇受験申込受付=7月12
 日〜8月13日∇試験日=10月3日∇合格発表=12月13日
 試験地:札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
 受験料:13,650円(消費税込み)
 受験申込書:販売場所北海道インテリア研究所、(財)宮城県建築住宅セン
 ター 、(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター、(社)かながわ住
 まい・まちづくり協会、(財)川崎市まちづくり公社、(財)愛知県建築住
 宅センター、(財)大阪住宅センター、(財)兵庫県住宅建築総合センター、
 (財)福岡県建築住宅センター
 問合せ:(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 
 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町6ム26−3(上智紀尾井坂ビル5階) 
 電話 03(3261)4567 FAX 03(3261)9357 hirai@chord.or.jp

▼ 「第13回東京都学生卒業設計コンクール2004公開審査会及び展示会」
http://www.jia-kanto.org/
 主催:(社)日本建築家協会関東甲信越支部 学生デザイン実行委員会
 後援:東京都、都市基盤整備公団、彰国社、新建築社、建築ジャーナル、
日経アーキテクチュア
 協賛:工学院大学、菊川工業株式会社
 開催日時:公開審査 6月5日、10:00〜16:00
            審査終了後、受賞者表彰パーティ
 展示 6月6日、10:00〜15:00
 会場:工学院大学新宿キャンパスアトリウム(東京都新宿区西新宿)
 参加大学:共立女子大学、工学院大学、国士舘大学、芝浦工業大学、昭和
 女子大学、多摩美術大学、東海大学、東京大学、東京家政学院大学、東京
 芸術大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都立大学、東京理科大、日
 本大学、日本女子大学、文化女子大学、法政大学、武蔵工業大学、武蔵野
 美術大学、早稲田大学 以上。
 審査委員長:芦原太郎(芦原太郎建築事務所)
 問合先:JIA関東甲信越支部事務局/菊地 電話03(3408)8291 
       TEL03(3408)8294  E-mail:rkikuchi@jia.or.jp

▼「国産材木造住宅・完成見学会」開催
 鹿児島県森林組合連合会は、施工店(株)匠(なる)建築と提携し、鹿児
 島の木を使った木造軸組住宅を提案している。当日は棟上から竣工までの
 様子をパネルで掲示するとともに、同県産のすぎ、ひのきなどを使った新
 築住宅の完成見学会を行う。
 主催:ふるさとの木で家をつくる会事務局
 日時:5月29(土)・30日(日)、10:00〜17:00(両日共)
 場所:東京都世田谷区深沢5−33−5
 問合せ:〒158-0081東京都世田谷区深沢5−15−21 (株)匠建築内 
 ふるさとの木で家をつくる会事務局 電話 03(3701)6861 

▼「東京デザイナーズウィーク」開催
http://www.tdwa.com/
 東京デザイナーズウィークは、優れたデザインを通して日本の生活文化の
 向上を目指すデザイン運動体として、毎年都内各エリアでイベントを行っ
 ている。今年は「生活の中の優れたデザインの見本市“デザインメッセ”」
 をテーマに、公式イベントを開催する。
 主催:NPO法人 東京デザイナーズウィーク
 同公式イベントの場所、日時及びテーマ:
 CONTAINER GROUND
  場所:江東区青海R地区
  会期:10月2日〜11日
  テーマ:コンテナ空間デザイン
「イスと小物家具たち」展
  場所:赤坂・アークヒルズ内 カラヤン広場
  会期:10月7日〜11日
  テーマ:イスと小物家具
 学生作品展「ストリートファニチャー」展
  場所:西新宿エリア一帯の公開空地
  会期:10月7日〜11日
  テーマ:ストリートファニチャー
 問い合せ先:NPO法人 東京デザイナーズウィーク事務局 〒107-0082 
 東京都港区青山1-17-11 電話03(3470)7699 FAX03(3470)7705
 *詳細は、HPをご覧下さい。

▼「マンション管理組合事務管理者養成講座(第5期)」開催
 NPO日住協が30余年にわたり集約・蓄積してきたノウハウをベースにした
 「管理組合によるマンションの管理」が学べる講座。マンション管理組合
 の事務管理者(自主管理組合の事務局長、管理主任、事務職員)を養成す
 るもので、さらに広く、管理組合の現役員や近く役員になろうとする方の
 ための研修・講座。個人として「マンション管理」を学ぼうとする方や、
 マンション管理士(合格者)が実務知識を習得するためにも役立つ(マン
 ション管理士はAコースは修了したものとして免除)。全課程修了者には
 修了書が授与され、全管連・事務管理者試験の受験資格が得られる。
主催:NPO法人 日本住宅管理組合協議会
申込期間:Aコース=4月21日〜6月1日
  Bコース=4月21日〜7月13日
  Cコース=4月21日〜8月31日
受講料:1コース=48,000円
  申込金=10,000円(NPO日住協の会員マンション管理組合の方は無料)
問合せ:日本住宅管理組合協議会 電話03(5256)1241 
  FAX03(5256)1243  E-mail=info@mansion-kanrikumiai.or.jp

▼「JIA連続シンポジウム2004」開催
http://www.jia.or.jp
 日本建築家協会は、「建築づくりの現場で何がおきているのか」をテーマ
 に市民とともに考える連続シンポジウムを、開催する。同協会では、普
 段建築に関わりの無い学生及び一般の方の多くの参加を希望している。
 主催:(社)日本建築家協会 
 予定(テーマ):
  第2回 6月頃予定 「建築士は設計・監理責任を取れるか」
  第3回 7月頃予定 「多くの公共建築の設計者は入札で決まる」                       
 会場:JIA館1階ホール(東京都渋谷区神宮前2−3−18)
 参加費:参加費:2,000円、一般市民・学生:無料
 問合せ・申込先:JIA事務局 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2−3−18 
  JIA 館4階 電話 03(3408)7125  FAX 03(3408)7129 
  E-mail:rkikuchi@jia.or.jp
*詳細は、HPをご覧下さい。

▼「JIAトーク2004」開催
http://www.jia.or.jp
同イベントは既に10年以上も続いており、毎回様々な分野の芸術家らが
 講師を担当し、好評を博している。
主催:JIA関東甲信越支部JIAトーク実行委員会
 協賛:日新工業(株)、日本アスファルト工事業協同組合
 会場:建築家会館1階ホール東京都渋谷区神宮前2−3−18 (駐車場無)
 参加費:無料
 定員:各回100名
申込方法:氏名,会員番号、勤務先、勤務先電話番号、メールアドレス等
を明記の上、下記まで 郵送(はがき)電話、ファクス、Eメール等で。
申込先:(社)日本建築家協会関東甲信越支部 担当:坪内 靖弘
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-18JIA館 電話03(3408)8291  
  FAX 03(3408)8294 E−mail:ytsubouchi@jia.or.jp
 予定(講師):
  第2回 7月14日、18:30〜20:30 桐谷エリザベス氏(エッセイスト)
  第3回 10月20日、18:30〜20:30 植木浩氏(元文化庁長官)
  第4回 11月24日 日比野克彦氏(造形作家)

▼「環境建築連続セミナー2004 CPD:各回3単位」開講
http://www.jia.or.jp
 環境と建築の関係を深く考える連続セミナーで、主なテーマ(講師)は4
 月10日=「エネルギーと環境問題」中上英俊氏(住環境計画研究所)、5
 月29日=「ライフスタイルとエネルギー消費」井上隆氏(東京理科大学理
 工学部)、7月3日=「換気実態とその計画」福島明氏(北海道建設部建築
 指導課主幹)、9月11日=「廃棄物処理と残留フロン」野城智也氏(東京
 大学生産技術研究所)、10月15日=「環境建築賞を聞く」環境建築賞優秀
 賞公開プレゼンテーション、11月20日=「地球環境と新エネルギー」槌屋
 治紀氏(システム技術研究所所長)。
 主催:(社)日本建築家協会           
 企画運営:日本建築家協会環境行動委員会
 後援:社団法人東京建築士会 
 時間:6回何れも、13:00〜16:00               
 会場:JIA館3階セミナールーム(東京都渋谷区神宮前2−3−18)
 参加費:各回:3,000円(連続の方は:15,000円)
 問合せ・申込先:JIA事務局 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2−3−18 
  JIA 館4階 電話 03(3408)7125  FAX 03(3408)7129 
  E-mail:msakamoto@jia.or.jp

▼ 「第21回住まいのリフォームコンクール」実施概要決定
http://www.chord.or.jp
 主催:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 
 後援:国土交通省、住宅金融公庫、都市基盤整備公団、住宅リフォーム推
    進協議会 
 協賛:(財)ベターリビング 他17団体
 対象:平成14年6月から平成16年5月までの間に、リフォーム工事を完
    了した住宅(国内にあるものに限る)を対象とし、リフォーム後に
    住宅であるものに限る。
 締切:6月15日(必着)
 発表:9月上旬(予定)
 問合せ:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 〒102-0094 東京都
     千代田区紀尾井町6−23 上智紀尾井坂ビル5階 
     電話 03(3261)4567 FAX 03(3261)9537

▼ 「第13回マンションリフォームマネージャー試験」実施概要決定
http://www.chord.or.jp
 主催:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 
 日程:受験申込書領布=6月28日〜8月13日
    受験申込受付=7月12日〜8月13日
    学科・設計製図試験=10月3日
    合格発表=12月13日(予定)
 受験料:13,650円(消費税込)*前年又は前々年に片方の試験のみ合格者
    は10,500円
 試験地:札幌、東京、名古屋、大阪、福岡
 問合せ:(財)住宅リフォーム・紛争支援センター 〒102-0094 東京都
     千代田区紀尾井町6−23 上智紀尾井坂ビル5階 
     電話 03(3261)4567 FAX 03(3261)9537
     Email:hirai@chord.or.jp

▼「平成16年度(社)建築・設備維持保全推進協会(BELCA)資格取得講習会
 スケジュール」のお知らせ
 開催地:開催期間・会場・募集定員
 ◆建築設備診断技術者(ビルディングドクター・建築設備)
 大阪:平成16年6月30日(水)〜7月2日(金)・大阪YMCA会館・150名
 東京:平成16年7月14日(水)〜7月16日(金)・自治労会館・240名
 案内配布開始日:平成16年3月上旬
 募集受付期間:平成16年4月1日(木)〜5月21日(金)
 ◆建築仕上診断技術者(ビルディングドクター・非構造)
 大阪:平成16年9月15日(水)〜9月17日(金)・大阪YMCA会館・120名
 福岡:平成16年9月29日(水)〜10月1日(金)・福岡建設会館・120名
 東京:平成16年10月13日(水)〜10月15日(金)・総評会館・220名
 案内配布開始日:平成16年5月上旬
 募集受付期間:平成16年7月1日(木)〜8月20日(金)
 ◆建築・設備総合管理技術者
 大阪:平成16年11月10日(水)〜11月12日(金)・大阪YMCA会館・
 40名
 東京:平成16年11月24日(水)〜11月26日(金)・飯田橋レインボー
 ビル・80名
 案内配布開始日:平成16年7月上旬
 募集受付期間:平成16年8月16日(月)〜9月30日(木)
 問い合わせ先:
 (社)建築・設備維持保全推進協会(BELCA)事業推進部 中野・間中
 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル764
 電話 03(5252)3873 FAX 03(5252)3871

┏━━━━━━━━━━━━━━┳┓        ┏━━━━━━━━┓
┃月刊リフォームからのお知らせ┃┗━━━━━━━━┓MAGAZINE┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛         ┗━━━━━━━━┛

【月刊リフォーム特集予定】
 何とぞ本誌のご購読並びに本誌への広告のご出広をお願い申し上げます。

以下に今後の予定を紹介します。

◆6月号 ガラス外装リニューアル要素技術

◆7月号 床リニューアル要素技術

◆8月号 外壁リニューアル要素技術

*編集部は常に時代のニーズ及び読者の声などに出来る限り応えて行くため、
 大変恐縮ですが、やむ終えず特集の予定が変更される場合もあります。
*月刊リフォームのご購読は原則、年間購読とさせて頂いております。
 年間ご購読料は(1部×12ヶ月)送料共15,000円(消費税別途)
ご購読のお申し込み、お問い合わせは電話03-3228-3401迄お願いします。

┏━━━━━━┳┓                ┏━━━━━━━━┓
┃リフォウェブ┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━┓REFO WEB┃
┗━━━━━━┛                 ┗━━━━━━━━┛
 
  情報充実のリフォウェブをぜひご利用下さい。
  ご意見・ご感想,ご質問等をお気軽にお寄せ下さい。

  リフォウェブアドレスはこちら http://www.refo.jp/

 新製品,イベント情報まで,各種投稿は下記までお願いします。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┓
┃発行元:テツアドー出版 http://www.refo.jp/   ┃発行部数:2700部┃
┃所在地:〒165-0026 東京都中野区新井 1-34-14  ┗━━━━━━━━┫
┃連絡先:Tel.03-3228-3401 Fax.03-3228-3410 担当:平野 mag@refo.jp
┃─────────────────────────────────┃
┃□バックナンバー http://www.refo.jp/mm/              ┃
┃□過去の豆知識  http://www.refo.jp/mm/shittoku.html       ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃◆購読解除    http://www.refo.jp/mm/mmr.html          ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃■本メルマガはまぐまぐを利用しています http://www.mag2.com/    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
------------------------------------------------------------------------

*メールマガジン御申し込み