週刊★建築リフォーム&リニューアル

バックナンバー

申込・取消

2002/10/25 Friday  Vol.165

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
月刊「リフォーム」のテツアドー出版が発行する業界最新ニュース! ┃

■■  ■■      週刊★建築リフォーム&リニューアル    ┃
■ ◆ ■ ◆       2002/10/25Friday Vol.165      ┃
■■ &■■ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ ▼ ▼ ■ 国交省:マンション建替え円滑化法への意見を募集 
┗━━━━━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 本マガジンは等幅フォントでご覧下さい。表示がズレる方は下記ホームペ
 ージをご覧下さい。         http://www.refo.jp/mm/thf.html

 --------------------------------------------------------Magazine--
     ★日本で唯一のリフォーム&リニューアル技術情報誌★
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
         □ 月 刊 リ フ ォ ー ム □
         □□□□□□□□□□□□□□□□□
    <年間購読15,000円(税別)>  http://www.refo.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━┳┓                  ┏━━━━┓
┃業界最新ニュース┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓NEWS┃
┗━━━━━━━━┛                   ┗━━━━┛

 ▼総…総合情報 ▼非…非住宅関連情報 ▼集…集合住宅関連情報
 ▼戸…戸建住宅関連情報        ▼他…その他の情報

▼総 「土木・建築にかかる設計の基本」への対応を発表   (国交省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha02/13/131021_.html
  旧建設省では,土木・建築分野の設計標準等について,各技術標準間や
 国際技術標準との整合性について問題を指摘する声が強まっていることを
 受け,平成10年12月に基本検討委員会を設置して検討してきたが,今年3
 月,その成果として「土木・建築にかかる設計の基本」が策定された。

 これを踏まえ,国土交通省では10月11日に「土木・建築における国際標準
 対応省内委員会」を開催,国際標準に対する検討体制,対応方針を決定し,
 また,「土木・建築にかかる設計の基本」についても了承されたことから,
 今後,同省が所掌する設計に係わる技術標準については「土木・建築の設
 計の基本」の考え方に沿って、検討・改訂を進めていく方針を発表した。

  なお,同内容については,同省ホームページで閲覧することができる。

▼集 「マンションの建替え円滑化法」への意見を募集    (国交省)
http://www.mlit.go.jp/kisha/pubcom/pubcomt129_.html
  国土交通省は,「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」の制定
 に伴い,「マンションの建替えの円滑化等に関する基本的な方針(案)」
 を作成した。同方針は現在同省ホームページで公開されており,これに対
 する意見を募集している。受付は11月1日までとなっており,電子メール
 でも受け付けている。

▼他 ホームページをオープン       (日本シーリング材工業会)
http://www.sealant.gr.jp
  日本シーリング材工業会は,このほど工業会の活動などを紹介するホー
 ムページを開設した。同ホームページ内には,活動状況などに関するトピ
 ックス,建築用シーリング材生産統計,組織及び事業紹介,会員及び賛助
 会員名簿のほか,シーリング管理士とシーリング技術アドバイザー全資格
 者の氏名も掲載されている。

▼総 ウレタン防水材のコンピュータ制御機械施工システムを開発
http://www.saracenu.com/        (旭硝子ポリウレタン建材)
  旭硝子ポリウレタン建材は,屋上防水や床などに施工するウレタン防水
 材の施工について,コンピュータ制御マシンによる流し延べ機械施工シス
 テム「サラセーヌUNマシン工法」を開発,このほど同機械の販売を開始
 した。

  同システムは,コンピュータ制御により主剤と硬化剤の混合比率を自動
 制御することで,膜厚及び塗布量の管理を行い,施工信頼性を向上させる
 ことができる。また,撹拌時の混合ミスがなくなるほか,材料を加温使用
 するため希釈剤や硬化促進剤の添加が不要で,冬期でも良質な塗膜を形成
 することができるようになる。

  同社では,同システムについて,施工管理の信頼性向上,環境対応型,
 省力・省エネ型という3つの特長をPRし,広く普及を図っていく考え。

【そのほかの主な動き】

<ISO>日本軽金属の船橋工業と新日軽の船橋製造所は,共同でISO14001
 の認証を11月1日に取得する予定。

<ショールーム>TOTOは,国内で79番目となるショールームを10月26日
 に埼玉県越谷にオープンする。

__PR___________________________________________________@refo.co.jp

 ★一級建築士事務所★ 株式会社 東京建物リサーチ・センター ■■■
    ・     ・   ・   ・  ・ ・・‥‥………※  ■
 マンションの調査診断・施工監理・改修設計は私たちにお任せ下さい!■
    ★┌─┐ . ☆       ▼ 詳しくはホームページから ▼
   .☆ │□└┐ ★.        http://www3.ocn.ne.jp/~trc21

_______________________________________________________@refo.co.jp

┏━━━━━━━┳┓           ┏━━━━━━━━━━━━┓
┃新製品・新工法┃┗━━━━━━━━━━━┓NEW PRODUCTS┃
┗━━━━━━━┛            ┗━━━━━━━━━━━━┛

▼厚さ8cmの壁掛け式洗面所用暖房機
http://www.toto.co.jp
 壁掛けでも圧迫感がないスリムな本体の壁掛け式洗面所用暖房機で,冬場
 でも約5分間で20度まで温める派フルな暖房性能を実現。 (TOTO)

__PR___________________________________________________@refo.co.jp

【新製品】ドイツ製高性能電動工具     ┏━━━━━━━━━━━━┓
・ファイン社  コーキングシールカッター ┃特殊防水・工具の総合商社┃
・フレックス社 コンクリートグラインダー ┗━━━━━━━━━━━━┛
・メタボ社   振動ドリル・強力ハンマードリル ▼▼当サイトへどうぞ
★★★★★ (株)千代田商会 http://www.chiyoda-shokai.co.jp/ ★★★★★

_______________________________________________________@refo.co.jp

┏━━━━━━━━━┳┓            ┏━━━━━━━━━┓
┃知って得する豆知識┃┗━━━━━━━━━━━━┓KNOWLEDGE┃
┗━━━━━━━━━┛             ┗━━━━━━━━━┛

■アレクサンドリア灯台

  アレクサンダー大王のエジプト征服後の紀元前3世紀頃,プトレマイオ
 ス2世により建てられたといわゆる「アレクサンドリア灯台」は,高さが
 120メートルを超える巨大な建築物だったと伝えられています。 構造は3
 階建てだったとする説が有力で,その光は50キロ先からでも見えたと言わ
 れ,貿易の要所となっていた同地の目印となっていました。

  プトレマイオス朝滅亡後もこの灯台は長期にわたって使用されましたが,
 796年の地震で半壊,その後, 一時的にイスラム寺院として使用されまし
 たが,1375年の地震で完全に倒壊してしまいました。

  しかし,当時,どのような技術で50キロ先まで光を届かせたのかは明ら
 かになっていません。反射鏡は直径1メートルあったという説もあります
 が,それを製造する技術はなかったという反論もあります。

  ちなみに,現在の世界の7不思議には「アレクサンドリア灯台」を含む
 のが一般的ですが,かわりに「バビロンの城壁」を入れて7不思議とする
 場合もあります。これは,7不思議の基本概念をつくった紀元前2世紀の
 ギリシア人技師フィロンが前者ではなく後者を入れていたことによります。

__PR___________________________________________________@refo.co.jp

■■■トータルメンテナンスシステム◆ダイヤビフレッシュシステム◆■■■
      ★改装★乾式パネル塗替え★外壁貼りタイル改修★
         −そのほか各種塗り替え工法を提案−
      <事業所:北海道・東日本・関東・関西・西日本>
■■■■ 恒和化学工業株式会社  http://www.dia-kowa.co.jp/ ■■■■

_______________________________________________________@refo.co.jp

┏━━━━━━┳┓                   ┏━━━━━┓
┃イベント情報┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓EVENT┃
┗━━━━━━┛                    ┗━━━━━┛

◆第1回住宅エネルギーシンポジウム
  住宅におけるエネルギー消費の実態をとらえる
   −地球温暖化防止のために住宅部門では何ができるか−
http://tkkankyo.eng.niigata-u.ac.jp/HP/HP/index.htm
   地球環境の温暖化に対する取り組みの一環として,日本建築学会では
  「住宅内のエネルギー消費に関する調査研究委員会」を発足させ、平成
  13年度から15年度にかけて同問題に関する全国的な実態の調査と評価・
  予測手法の開発を進めている。本シンポジウムでは,実施中の研究に関
  する現状報告を行い,広く意見を求めることを目的としている。
 主 催 日本建築学会 住宅内のエネルギー消費に関する調査研究委員会
 共 催 日本建築学会 環境工学委員会、地球環境委員会
 日 時 2002年10月31日(木)13:00〜17:30
 会 場 建築会館ホール(港区芝5-26-20)
 資料代 3,000円(当日)
 定 員 300名(先着順)
 申 込 参加希望者は,「氏名・所属・電話番号等」を明記のうえ,
     E-mailで申し込む。 
     日本建築学会事業部 担当・鴫原 shigihara@aij.or.jp

◆世界のタイル博物館「地球の贈りもの〜身近な土を見つめる」
http://www.inax.co.jp/museum/
  原型を残した身近に使われている土に焦点を当て,写真パネルや現物に
  よってその本質を解きほぐしながら土の有用性と美しさを紹介する。
 主 催 世界のタイル博物館企画委員会
 日 時 11月3日(日)〜1月31日(金)10:00〜17:00(最終入館16:30)
     (休館日:毎週月曜日,12月24日〜1月3日)
 会 場 世界のタイル博物館(愛知県常滑市奥栄町1-130)
 入館料 一般500円 高・大学生300円 小・中学生200円
 問合せ 世界のタイル博物館 Tel.0569-34-8282

◆ジャパンガーデニングフェア for 2003
http://www.npogarden.com/indexns.htm
  「新時代のガーデン・セオリー」をテーマに,国内外のガーデニング,
  エクステリア関連企業150社が横浜に集うガーデニング業界国内最大級
  のトレードショー。
 主 催 ガーデンを考える会
 日 時 特別招待日 11月14日(木)・15日(金)10:00〜17:00
     一般公開日 11月16日(土)10:00〜16:30
 会 場 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
 入場料 1,000円
 問合せ ジャパンガーデニングフェア運営事務局 Tel.03-3544-0025

◆TOKYO塗り替えフェア2002「住まいの塗装なんでも相談」
http://www.paint.jp
  一般消費者を対象に,塗装工事によるトラブルの相談,住環境に適した
  色彩の提案や積算相談,塗装の実演,若年技能者の育成,快適な住まい
  に適した塗装の提案などを行うもの。
 主 催 東京都塗装工業協同組合)
 日 時 11月15日(金)・16日 10:00〜15:00
 会 場 東京都庁・議会(とみん)広場(新宿区)
 入場料 無料
 問合せ 東京都塗装工事協同組合 Tel,03-3461-8678 totokyo@paint.jp

◆外壁洗浄技術教育講習会
http://www3.ocn.ne.jp/~gca/
 主 催 東京ガラス外装クリーニング協会
 日 時 11月20日(水)9:30〜17:00(受付9:00)
 会 場 ワーカーズサポートセンター(東京都中央区新富1-13-14)
 受講料 12,000円(会員9,000円)
     ※テキスト代別途 30,000円(会員20,000円)
 内 容 外装材の基礎知識と特徴/汚れの基礎知識と実例/洗浄の基礎知
     識と失敗事例/作業足場の選定知識と養生/作業受注〜施工〜報
     告/保護材の種類と効果/質疑応答/修了証配布(全教科受講者
     のみ)
 問合先 同協会 Tel.03-3835-3364 E-mail=gca@chive.ocn.ne.jp

__PR___________________________________________________@refo.co.jp

■■ 排水管のトラブル解決『SS工法』 掘り返しなし! 廃棄物なし!□
■  ■■ / 敷地内埋設配管の補修に────>スキャンシール   □
■■ ■  / 排水管の曲がり部分の補修に──>スネークライニング □
 ■  ■ /   屋上雨水管の補修に──────>ハウスライニング□
■■ ■■ / (株)シンショー http://www.ss-shinsho.co.jp/ □□□

_______________________________________________________@refo.co.jp

┏━━━━━━━━━━━━━━┳┓        ┏━━━━━━━━┓
┃月刊リフォームからのお知らせ┃┗━━━━━━━━┓MAGAZINE┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛         ┗━━━━━━━━┛

【月刊リフォーム特集予定】

◆11月号 既存高層住宅(モルタル塗り等外壁)の外壁等点検と修繕工法の
     検討

◆12月号 土木構造物のリニューアル技術

◆1月号 新春特大号 特別放談ほか

◆2月号 リフォーム市場動向(分野別動向)

◆3月号 健康な室内環境の創造(健康建材,設備ほか)

◆4月号 施工機械・道具マニュアル

◆5月号 フィルムによるリニューアル

◆6月号 給水管リフォーム

◆7月号 リフォーム・リニューアル要素技術

 興味のある特集がございましたら,お気軽にお問い合わせ下さい。また,
 記事のご出稿及び広告のご出広につきましても,お気軽にご相談下さい。

 月刊リフォーム編集部 電話03−3228−3401

┏━━━━━━┳┓                ┏━━━━━━━━┓
┃リフォウェブ┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━┓REFO WEB┃
┗━━━━━━┛                 ┗━━━━━━━━┛

  情報充実のリフォウェブをぜひご利用下さい。
  ご意見・ご感想,ご質問等をお気軽にお寄せ下さい。

  リフォウェブアドレスはこちら http://www.refo.jp/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓  ┏━━━━━━━━━━┓
┃第8回建築リフォーム&リニューアル展┃┗━━┓EXHIBITION┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ┗━━━━━━━━━━┛

 ◆次回開催予定

  2003年6月18〜20日 東京ビッグサイト 東1ホール

  現在,出展者向けパンフレットを作成中です。希望者は下記まで送付先・
  連絡先等をご連絡下さい。

  資料希望先 info@refo.jp

 ◆開催結果報告

  http://www.refo.jp/R&R2002/RR-02C.html

┏━━━━━━┳┓  ┏┓  ┏┓  ┏┓ ┏━━━━━━━━━━━┓
┃今週の編集部┃┗┓┏┛┗┓┏┛┗┓┏┛┗━┓FROM EDITOR┃
┗━━━━━━┛ ┗┛  ┗┛  ┗┛   ┗━━━━━━━━━━━┛

 ◆体調管理

  最近は,毎日の寒暖の差が激しく,体調管理が難しい季節です。普段,
 現場をしっかり管理している人でも,自身の管理は意外と難しかったりす
 るものです。健全な魂は健全な体に宿ると言われます。要するに,体をし
 っかりと管理することが,しっかりとした仕事にもつながっていく,とい
 うことではないでしょうか。

┏リフォーム川柳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃摩天楼 改修時期を 待てんどう            詠み人知らず┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 新製品,イベント情報から川柳まで,各種投稿は下記までお願いします。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┓
┃発行元:テツアドー出版 http://www.refo.jp/   ┃発行部数:3116部┃
┃所在地:〒165-0026 東京都中野区新井 1-34-14  ┗━━━━━━━━┫
┃連絡先:Tel.03-3228-3401 Fax.03-3228-3410 担当:鈴木 mag@refo.jp
┃─────────────────────────────────┃
┃□バックナンバー http://www.refo.jp/mm/              ┃
┃□過去の豆知識  http://www.refo.jp/mm/shittoku.html       ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃◆購読解除    http://www.refo.jp/mm/mmr.html          ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃■本メルマガはまぐまぐを利用しています http://www.mag2.com/    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

*メールマガジン御申し込み