週刊★建築リフォーム&リニューアル

バックナンバー

申込・取消

2000/03/03 Friday  Vol.40

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
月刊「リフォーム」のテツアドー出版が発行する業界最新ニュース! ┃
─────────────────────────────────
■■  ■■      週刊★建築リフォーム&リニューアル    
■ ◆ ■ ◆       2000/03/03 Friday Vol.40       
■■ ■■ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■ ▼ ▼ ■┃ 主な動き : 今週は明るいニュースが多いですね 
┗━━━━━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  <※ニュース掲載希望者は末尾宛先へ資料を送付・送信して下さい>
 --------------------------------------------------------------PR--
■■■トータルメンテナンスシステム◆ダイヤビフレッシュシステム◆■■■
      ★改装★乾式パネル塗替え★外壁貼りタイル改修★
         −そのほか各種塗り替え工法を提案−
      <事業所:北海道・東日本・関東・関西・西日本>
■■■■ 
恒和化学工業株式会社  http://www.dia-kowa.co.jp/ ■■■■
 ------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━┳┓                  ┏━━━━┓
┃業界最新ニュース┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓NEWS┃
┗━━━━━━━━┛                   ┗━━━━┛

 ▼総…総合情報 ▼非…非住宅関連情報 ▼集…集合住宅関連情報
 ▼戸…戸建住宅関連情報        ▼他…その他の情報

▼総 コンクリート構造物の4分の1が「不良」(PSATS)
http://www.psats.or.jp/
  NPOの建築技術支援協会(PSATS)が,全国の鉄筋コンクリート
 構造物154棟を対象に行った調査で, 38棟が設計基準強度の95%以下とな
 っていることが分かった。このうち,緊急に補修工事が必要とされる建物
 は14棟で,強度に問題のある建物がかなりあるという実態が明らかにされ
 た。同協会では,「コンクリート工事のミスが強度不足を招いた可能性が
 高い」と指摘し,新たな検査態勢の整備などを訴えている。

▼総 鉄部塗替工事で10年間の耐用年数「KRK工法」を開発
                     (関西リニューアル協議会)
  関西リニューアル協議会は,関西ペイントと共同で,鉄部の塗装替工事
 で10年以上の耐用年数を実現した「KRK工法」を開発した。今まで鉄部
 の塗替え工事は,5年程度の周期で実施しなければならなかったが,これ
 により鉄部の修繕も外壁や防水の修繕周期10年と同じサイクルで実施でき
 るようになり,管理組合などで煩わしがられていたメンテナンス費用の加
 算や時期の設定など改修の多さに伴う手間の軽減を図ることができる。
  同工法は,まず,超高圧温水剥離ケレンで錆を完全に除去し,続いて溶
 接部やボルト部など特定部位をミリ単位で厚塗り補強(下塗りとして防食
 効果が長期間持続するエポキシ被覆材料ナプコバリヤーを塗装),最後に
 上塗り材として10年間以上の耐候性を有するアクリルシリコン樹脂を塗装
 するというもの。
  なお,同工法の施工体制は,発注者からの問合せや依頼に対し同協会が
 会員企業を紹介,その結果会員が直接受注施工を行ったものに対して同会
 が連名保証を行う。

【そのほかの主な動き】

▽アットホームの発表によると,99年の首都圏の中古マンション成約件数は
 前年比8.2%増の10,017件で,4年ぶりに1万件を超えた。

▽日本建設業団体連合会会員64社の1月の建設受注は,前年同月比25.2%増
 の1兆1418億円。

▽フジタは,土地と建物を対象に,不動産価値を適正評価するデューデリジ
 ェンス事業に本格的に乗り出す方針。

▽旭ファイバーグラスは,固定費削減と住宅断熱材の生産強化により,2000
 年度に経常利益倍増を目指す。

▽戸田建設は,建設車両のアイドリング・ストップ効果を厳密に測定・管理
 する「CO2排出管理システム」を開発。

▽シンテックス,バッテリー駆動でコードレスのいす式階段昇降機を発売。

▽日商岩井は,3月中旬にもインターネット上で塗料販売を開始する方針。

 --------------------------------------------------------------PR--
 ★一級建築士事務所★ 株式会社 東京建物リサーチ・センター ■■■
    ・     ・   ・   ・  ・ ・・‥‥………※  ■
 マンションの調査診断・施工監理・改修設計は私たちにお任せ下さい!■
    ★┌─┐ . ☆       ▼ 詳しくはホームページから ▼
   .☆ │□└┐ ★.      
http://www.nttl-net.ne.jp/trc21/
 ------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━┳┓           ┏━━━━━━━━━━━━┓
┃新製品・新工法┃┗━━━━━━━━━━━┓NEW PRODUCTS┃
┗━━━━━━━┛            ┗━━━━━━━━━━━━┛

▼袖壁のいらない上吊りゲート「ラインスライド1型」
  http://www.shinnikkei.co.jp/products/news/200002/22.html
 下枠ノンレール構造で,設置に袖壁を必要としない独立型のゲートで,操
 作性がよく,人が出入りする際に下レールで躓くことがない。(新日軽)

▼横引き折りたたみ戸「オープンフリード」
  http://www.shinnikkei.co.jp/products/news/200002/25.html
 店舗,車庫,学校・福祉施設など様々な用途に対応できる横引き折りたた
 み戸で,大開口を有効活用でき,オリジナル性の高いフロントデザインに
 も対応できる。                     (新日軽)

▼機械室レスオーダーメイド型エレベーター「オーダーアーバン」
  http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/0002/0223a.html
 駆動装置等をエレベーターの昇降路内に組み込んだ,機械室を必要としな
 いエレベーターで,フロアの有効活用が可能。     (日立製作所)

┏━━━━━━━━━┳┓         ┏━━━━━━━━━━━━┓
知って得する豆知識┃┗━━━━━━━━━┓INTELLIGENCE┃
┗━━━━━━━━━┛          ┗━━━━━━━━━━━━┛

■マンション管理の内容

 マンションの管理業務は大きく4つに分類されます。

 (1)事務……会計等の事務処理
 (2)管理……管理人の派遣や巡回,植栽の管理等
 (3)清掃……日常清掃や定期清掃
 (4)設備……設備のメンテナンス

 このうち,(1)(2)がマンション管理会社の大きな役割です。また,
 (3)(4)に関しては,管理会社自体が清掃やメンテナンスを行える体
 制を整えているところと,外部に発注する場合があります。また,管理組
 合によっては,(3)(4)をマンション管理会社を通さずに清掃会社や
 メンテナンス会社に直接委託するところもあります。

 --------------------------------------------------------------PR--
■ハンディタイプのスプレー式クラック補修用防水剤■┐(^^)┌─────┐
┌□ラドコンジェット<無害★無臭★無色透明>□──┘ 0<  効 果 │
│ コンクリートのひび割れ部に吹き付けて散水処理(散水 │ てきめん │
│ ・乾燥を3回以上)するだけの誰でもできる簡単施工! └─────┘
└─────────────>
(株)環境美健 http://www.radcon.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━┳┓                   ┏━━━━━┓
┃イベント情報┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓EVENT┃
┗━━━━━━┛                    ┗━━━━━┛

◆第6回ハウスアダプテーション研究会
      「ストック形成社会におけるハウスアダプテーションの意義」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/000310b.htm
  建築生産の分野では,今後の住宅供給を高耐久性能をもつストック形成
  型のものへと転換しようという流れがみられる。一方,高齢社会におけ
  る環境整備の課題として,住宅の品質確保の促進等に関する法律の制定
  に際し,高齢者に配慮した住宅性能評価の方法が検討されてきている。
  これらの,住宅の質的性能が問われている最近の動向に対して,ハウス
  アダプテーションの意義・役割を位置づける。
 主 催 日本建築学会建築計画委員会ハウスアダプテーション小委員会
 日 時 3月10日(金)13:30〜16:30
 会 場 国立公衆衛生院2階第1講義室(港区白金台4-6-1)
 定 員 50名(先着順)
 参加費 会員2,000円 会員外3,000円 学生1,000円(資料代込み)
 申込み 「催し物名、氏名、勤務先、住所、電話番号」を明記しメールで
     申し込む。
     日本建築学会事務局研究事業課 榎本 enomoto@aij.or.jp

◆室内音響シンポジウムFリニューアル建築物の音響設計 http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/000314.htm
  国内では,戦後建設された多目的ホールや教会などの建築物が改修の時
  期を迎えている。今回は,リニューアル建築物の音響設計,音響改修の
  実施例を紹介し,音響設計の考え方や改修結果の評価方法について議論
  を進める。
 主 催 日本建築学会・環境工学委員会音環境小委員会室内音響予測WG
 日 時 3月14日(火)13:00 〜17:00
 会 場 建築学会会議室
 参加費 無料(資料代1,000円)
 定 員 50名(当日先着順)
 問合せ 日本建築学会・事務局研究事業課 片寄 katayose@aij.or.jp

◆抗菌に関する講演会
  抗菌製品に何が期待できるか,何を求めるかなどについての講演,パネ
  ルディスカッション,並びに抗菌関連製品の基準やJIS化に向けた動
  向などを紹介。
 主 催 抗菌製品技術協議会
 日 時 東京 3月16日(木)
     大阪 3月23日(木)
 会 場 東京 アルカディア市ヶ谷
     大阪 ツインタワー21ナショナルタワー
 参加費 会員10,000円 非会員20,000円
 問合せ 抗菌製品技術協議会 Tel.03-5365-2650

◆第19回西日本トータルリビングショー
http://www.nishiten.or.jp/tlshow/index.htm
  「人と地球にやさしい21世紀の住まいづくり」をテーマに, 150社・団
  体が住宅関連製品を出展する。
 主 催 西日本産業貿易見本市協会
 日 時 3月17日(金)〜20日(月)10:00〜17:00
 会 場 西日本総合展示場・新館(北九州市小倉北区浅野3-8-1)
 入場料 200円
 問合せ 西日本産業貿易見本市協会 事業企画課 衛藤
     Tel.093-511-6848 eto@nishiten.or.jp

◆ファシリティ・マネジャー(FM)資格試験 実力要請長期講座
  ファシリティマネジメントガイドブックを中心に,事例と取り入れ,6
  回(36時間)の講座で,FMの体系だった業務・知識・技術・論述を解
  説。受験対策に効果的な内容。
 主 催 ニューオフィス推進協議会(NOPA)
     建築・設備維持保全推進協会(BELCA)
 日 時 4月8・15・22日,5月6・13・20日 10:00〜17:00
 会 場 東京証券会館9階1〜4会議室(東京都中央区茅場町1-5-8)
 対 象 実務経験3年以上または平成12年度FM資格試験受験予定者
 定 員 100名(先着順)
 受講料 会員65,000円,非会員75,000円(昼食・消費税含む,ガイドブッ
     ク代金は別途)
 問合せ ニューオフィス推進協議会 事務局 Tel.03-3553-3571

┏━━━━━━┳┓  ┏┓  ┏┓  ┏┓ ┏━━━━━━━━━━━┓
┃今週の編集部┃┗┓┏┛┗┓┏┛┗┓┏┛┗━┓FROM EDITOR┃
┗━━━━━━┛ ┗┛  ┗┛  ┗┛   ┗━━━━━━━━━━━┛

■音や動画でのリフォーム情報発信ってどうなんでしょう?

  最近,インターネットでも動画や音での発信が多くなってきました。そ
 こで,リフォーム関連情報を音や映像で伝えるというのはどうなのかと考
 えてみたりしています。実験や施工の様子を動画で流したり,インタビュ
 ーなんかをしてみても面白いかなと思っています。皆様のご意見をお聞か
 せ頂ければ幸いです。                  (すずき)

 ------------------------------------------------------------Book--
   /\ 業界初! 止水工事における調査・施工マニュアル /\
  /  \ /───────────────────\ /  \
  < ◆◇ × 
完全止水工法[オーロラ]施工マニュアル × ◇◆ >
  \  / \───────────────────/ \  /
   \/ 詳しくはホームページで http://www.refo.co.jp/ \/

 ------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━━┓
┃発 行 元:株式会社テツアドー出版 http://www.refo.co.jp/ ┃   海┃
┃所 在 地:東京都中野区新井 1-34-14           ┃   辺┃
┃連 絡 先:Tel.03-3228-3401 Fax.03-3228-3410      ┃読 潮の┃
┃発行部数:1517部  担当:鈴木
mag@refo.co.jp      ┃み の手┃
┃────────────────────────────┃人 香す┃
┃□購読解除はこちらから
http://www.refo.co.jp/mm/    ┃知錆りり┃
┃────────────────────────────┃らのに ┃
┃■本MMはまぐまぐを利用しています
http://www.mag2.com/ ┃ず色  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━━┛


*メールマガジン御申し込み