週刊★建築リフォーム&リニューアル

バックナンバー

申込・取消

1999/11/05 Friday  Vol.25

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 月刊「リフォーム」のテツアドー出版が発行する業界最新ニュース! ┃
┃─────────────────────────────────┃
┃■■  ■■      週刊★建築リフォーム&リニューアル    ┃
┃■ ◆ ■ ◆       1999/11/05 Friday Vol.25       ┃
┃■■ &■■ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃■ ▼ ▼ ■┃ 新製品:取替専用のダクト,インターホンを紹介! ┃
┗━━━━━━━┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 --------------------------------------------------------------PR--
 ★一級建築士事務所★ 株式会社 東京建物リサーチ・センター ■■■
    ・     ・   ・   ・  ・ ・・‥‥………※  ■
 マンションの調査診断・施工監理・改修設計は私たちにお任せ下さい!■
    ★┌─┐ . ☆       ▼ 詳しくはホームページから ▼
   .☆ │□└┐ ★.       http://www.nttl-net.ne.jp/trc21/
 ------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━━┳┓                  ┏━━━━┓
┃業界最新ニュース┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓NEWS┃
┗━━━━━━━━┛                   ┗━━━━┛

▼住宅の内外装材を容易に脱着できる新工法

  建設,鉄鋼など33企業・団体は,住宅の内・外装材を簡単に脱着できる
 新工法を共同開発し,来年から実用化に取り組む見通しとなった。これに
 より,リフォームなどを容易に行えるようになるだけでなく,従来は産業
 廃棄物になっていた内・外装材の再利用あるいは分別廃棄が可能となる。
  内・外装材の裏側に接着剤を塗布した金属フィルムを張り付けておき,
 設置時には専用の脱着装置で金属フィルムに電流を流し,フィルムに熱が
 発生すると接着剤が溶けて固定される仕組み。取り外しも同様に接着剤を
 溶かすことで簡単にはがすことができる。

▼神戸・札幌の2支店でISO14001の認証を取得(戸田建設)
http://www.toda.co.jp/

  戸田建設の神戸支店と札幌支店は,11月1日付で環境マネジメントシス
 テムの国際規格であるISO14001の認証を取得した。審査登録機関
 は建材試験センターで,登録範囲は2支店ともに,支店及びその管理下に
 ある作業所群における「建築物の設計及び施工並びに土木構造物の施工」
 に関わる全ての活動。同社では,今年中に全国13支店で認証取得の予定。

 --------------------------------------------------------------PR--
■■■トータルメンテナンスシステム◆ダイヤビフレッシュシステム◆■■■
      ★改装★乾式パネル塗替え★外壁貼りタイル改修★
         −そのほか各種塗り替え工法を提案−
      <事業所:北海道・東日本・関東・関西・西日本>
■■■■ 恒和化学工業株式会社  http://www.dia-kowa.co.jp/ ■■■■
 ------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━━┳┓           ┏━━━━━━━━━━━━┓
┃新製品・新工法┃┗━━━━━━━━━━━┓NEW PRODUCTS┃
┗━━━━━━━┛            ┗━━━━━━━━━━━━┛

▼短時間でリニューアルできる「ダクト用換気扇 取替専用タイプ」
http://www.melco.co.jp/news/1999/1022-a.htm
  集合住宅等に設置されているダクト用換気扇を1台45分の短時間に交換
  できる取替専用のダクト用換気扇。          (三菱電機)

▼取替用インターホン「リニューアル集合住宅インターホンシステム」
http://www.aiphone.co.jp/new/199910_02_news.html
  既設の配線を使用して施工コストを低減できる,取替専用の集合住宅向
  けインターホンシステム。              (アイホン)
 
┏━━━━━━━━━┳┓         ┏━━━━━━━━━━━━┓
知って得する豆知識┃┗━━━━━━━━━┓INTELLIGENCE┃
┗━━━━━━━━━┛          ┗━━━━━━━━━━━━┛

■SI建築──建物を長期に亘って使うには

  SI建築というのは,スケルトン・インフィルまたは,ストック・イン
 フィルの意で,建物の構造を設備を分けてつくり,構造部分は長期間もた
 せて,設備部分は時代に合わせて簡単に変更できるようにしたもの。要す
 るに,箱だけ先につくって,中身は別につくる。構造部分を長く使うこと
 で廃棄物を低減し,かつ中身は可変なので自由なレイアウト等も実現する。

 --------------------------------------------------------------PR--
■ハンディタイプのスプレー式クラック補修用防水剤■┐(^^)┌─────┐
┌□ラドコンジェット<無害★無臭★無色透明>□──┘ 0< ほんとうに│
│ コンクリートのひび割れ部に吹き付けて散水処理(散水 │使いやすい│
│ ・乾燥を3回以上)するだけの誰でもできる簡単施工! └─────┘
└─────────────> (株)環境美健 http://www.radcon.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------

┏━━━━━━┳┓                   ┏━━━━━┓
┃イベント情報┃┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓IVENT┃
┗━━━━━━┛                    ┗━━━━━┛

◆「室内空気環境」講演会
  室内空気汚染問題を中心テーマに,住まいの中の空気が健康にとってい
  かに大切か,建築サイド及び住まい手はどのように考えるべきか。
 主 催 室内環境学会
 日 時 11月9日(火)11:00〜16:30
 会 場 住宅金融公庫すまい・るホール(東京都文京区)
 参加費 会員3000円 非会員5000円 学生1500円(資料代として)
 問合せ 国立環境研究所内 室内環境学会事務局 Tel.0298-50-2421

◆集合住宅改修及び外壁改修に関する技術説明会
 主 催 日本サッシ協会,建築改装協会
 日 時 東京 11月19日(金)13:30〜16:30
     大阪 12月10日(金)13:30〜16:30
 会 場 東京 お茶の水スクエア(東京都千代田区)
     大阪 大阪府立労働センター エル・おおさか(大阪市中央区)
 参加費 無料
 問合せ 建築改装協会 Tel.03-3662-3519

◆シンポジウム「建築遺産の保存修復と建築史」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/991120.htm
  保存修復や遺構調査の現場において初めて発見される建築史上の事実,
  あるいは研究実績を改めて確認するといった体験についてパネリスト報
  告をもとに参加者相互に意見を交わし,建築史学の観点から建築遺産の
  保存修復の意義を探る。
 主 催 日本建築学会建築歴史・意匠委員会,東洋建築史小委員会
 日 時 11月20日(土)13:30〜17:00
 会 場 建築会館ホール(東京都港区)
 定 員 150名
 参加費 会員1000円 会員外1500円(資料代含む)
 申込み 日本建築学会事務局研究事業課 三島 mishima@aij.or.jp

◆第6回地震防災システムシンポジウム
              「新しい都市安全システムの構築に向けて」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/991126.htm
  過去5回のシンポジウムの総括として,都市安全システムに関するこれ
  までの議論を基礎に,都市構造/緊急対応/都市基盤/防災計画/被災
  者支援に関する5つの課題を設定して委員会での討議内容を総括報告し,
  現状分析,問題点の指摘,解決のための方向性を提示する。
 主 催 日本建築学会都市計画委員会・都市防災システム小委員会
 日 時 11月26日(金)10:00〜17:00
 会 場 建築学会201・202会議室(東京都港区)
 定 員 100名(当日先着順)
 参加費 会員5000円 会員外6000円 学生2000円(資料代含む)
 問合せ 日本建築学会事務局研究事業課 三枝 saegusa@aij.or.jp

◆シンポジウム「都市・建築の色彩評価─その新しい研究動向」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/991129.htm
  都市・建築の色彩に関して,研究分野ばかりではなく,設計サイドから
  の生の声も取り上げ,設計に直結した研究の意義についても議論する。
 主 催 日本建築学会環境工学委員会・光環境小委員会色彩評価サブWG
 日 時 11月29日(月)13:30〜17:00
 会 場 みやこめっせ京都市勧業館(京都市左京区)
 定 員 100名
 参加費 会員2000円 会員外3000円 学生1000円(資料代含む)
 問合せ 大同工業大学建設工学科 稲垣 ina@daido-it.ac.jp

◆公開研究会「田園地域のエコライフとエコシステム パート3」
  英国・北欧の都市・農村のエコロジカル・ハビテーションの最新情報を
  紹介しながら,日本でのエコロジカル・ハビテーションの方向を考える。
 主 催 日本建築学会農村計画委員会・農村エコシステム小委員会
 時 間 11月29日(月)18:00〜20:00
 会 場 建築会館会議室(東京都港区)
 参加費 500円
 申 込 日本建築学会事務局研究事業課 浜田 hamada@aij.or.jp
 問合せ 昭和女子大学 瀬沼 Tel.03-3411-5903

◆公開研究会第5回「防災まちづくりの住民合意と実現手法」
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/991206.htm
  密集住宅市街地における共同建替え事業に焦点を当て,まちづくり協議
  会,民間事業者,地方自治体,コンサルタントのそれぞれの立場からの
  具体的な事例と課題の報告をベースに,事業実施の住民合意と実現手法
  について議論を深化させる。
 主 催 日本建築学会地震防災総合研究特別委員会・都市構造防災化小委員会
 日 時 12月6日(月)13:00〜17:00
 会 場 建築会館301会議室(東京都港区)
 定 員 60名
 参加費 500円(資料別途頒布)
 問合せ 日本建築学会事務局事業部 鴫原 shigihara@aij.or.jp

┏━━━━━━┳┓  ┏┓  ┏┓  ┏┓ ┏━━━━━━━━━━━┓
┃今週の編集部┃┗┓┏┛┗┓┏┛┗┓┏┛┗━┓FROM EDITOR┃
┗━━━━━━┛ ┗┛  ┗┛  ┗┛   ┗━━━━━━━━━━━┛

  最下段の川柳のコーナーは,未だに1件の応募もありません。めちゃめ
 ちゃさみしいです。しかし! 今,応募すれば採用率100%! 皆様の
 ご応募をお待ちしています。ついでに,このメールマガジンについての批
 判や悪口(応援メールも可)などもお待ちしています。

 ------------------------------------------------------------Book--
       ┌───────────────────┐
       │■集合住宅改修工事実践仕様書・同解説■│
       └───────────────────┘

    改修設計の先駆的建築家が編纂した改修仕様書の決定版!

           監修:(社)日本建築家協会

    ★定価 3000円(税別・送料別) ★A4判176頁

    ●詳細・申込はホームページで http://www.refo.co.jp/
 ------------------------------------------------------------------
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓━━━━┓
┃発 行 元:株式会社テツアドー出版 http://www.refo.co.jp/ ┃   リ┃
┃所 在 地:東京都中野区新井 1-34-14           ┃  関フ┃
┃連 絡 先:Tel.03-3228-3401 Fax.03-3228-3410      ┃  連ォ┃
┃発行部数:1226部  担当:鈴木 mag@refo.co.jp      ┃ 募す|┃
┃────────────────────────────┃ 集るム┃
┃□購読解除はこちらから http://www.refo.co.jp/mm/    ┃編中川に┃
┃────────────────────────────┃集で柳 ┃
┃■本MMはまぐまぐを利用しています http://www.mag2.com/ ┃部す  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛━━━━┛


*メールマガジン御申し込み