2000年

建築工事標準仕様書
JASS11木工事改定講習会

 
2月22日(火)・東京・港区

主催:日本建築学会材料施工委員会

 「JASS11 木工事」は,40年近く改定のないまま今日に至った。その間,新建材の登場,構法の簡易化,社会の変化など,木造を取り巻く環境は変化し,今日的な木工事に対応できないものとなっていた。また,阪神大震災における在来軸組構法の甚大な被害は未だに生々しく,建築学会の仕様書のあり方を改めて問いただすこととなった。JASS11(木工事)改定小委員会では,「標準仕様書」の本来果たすべき役割を考慮しつつも,木工事の特殊性及び建築学会としての仕様書の役割を勘案し,大改定を行った。
>時間=10:00〜16:00
>会場=建築会館ホール(東京・港区)
>内容・講師=
(1)改定の主旨・総則(肱黒弘三氏・関東学院大学)
(2)改定の内容(堀籠誠司氏・早大専門学校)
(3)軸組(飯島敏夫氏・日本住宅・木材技術センター)
(4)和式小屋組・床組(飯泉勝夫氏・日本木造住宅産業協会)
>定員=200名
>参加費=会員10,000円 会員外15,000円(テキスト代含む)
>テキスト=「建築工事標準仕様書・同解説JASS11 木工事」改定版(5,000円予定)
>申込・問合せ先=日本建築学会材料施工委員会 電話03(3456)2057