2000

既存鉄骨造建築物の耐震診断および耐震改修指針講習会

 
2月16日(水)・17日(木)・大阪市北区

主催:(財)日本建築防災協会
 阪神・淡路大震災の建築物被害を機に,建築技術者はもとより,建築所有者・管理者をはじめ一般の人々も,建築物の耐震性に深い関心をもつようになった。また1995年には耐震改修促進法が制定され,建築物の耐震性向上のため,耐震診断や耐震改修の促進について社会的な取組みが行われている。本講習会では「耐震改修促進法のための既存鉄骨造建築物の耐震診断および耐震改修指針・同解説」「既存鉄骨造建築物の耐震改修施工マニュアル」をテキストとして,耐震診断および耐震改修技術を習得する。
>時間=10:00〜16:30
>会場=全国町村議員会館大会議室(東京・千代田区)
>内容・講師=
〈1日目〉
(1)耐震診断・耐震改修のすすめと助成制度(綾田光男氏・東京都都市計画局)
(2)耐震診断指針(高梨晃一氏・千葉大学)
(3)耐震改修指針および耐震改修施工マニュアル(森田耕次氏・千葉大学)

〈2日目〉
(1)耐震診断指針(体育館)含む例題(大井謙一氏・東京大学)
(2)耐震診断例題(岡田健良氏・アフェクト設計事務所)
(3)受講修了書交付
>定員=220名
>参加費=会員19,000円 会員外21,000円(テキスト代別)
>申込・問合せ先=(財)日本建築防災協会「鉄骨講習会」係 電話03(5512)6451