1999

平成11年度特殊建築物等調査資格者講習

 
9月28日(火)〜10月1日(金)・東京(1)
10月5日(火)〜8日(金)・福岡
10月19日(火)〜22日(金)・大阪
10月26日(火)〜29日(金)・仙台
11月9日(火)〜12日(金)・名古屋
11月16日(火)〜19日(金)・広島
12月7日(火)〜10日(金)・東京(2)

主催:(財)日本建築防災協会
 建築物の維持管理はますます重要となり,その出発点が定期的な調査で,この調査業務を行うのが「特殊建築物等調査資格者」である。建築物は年々高度化,複雑化し,建築物の調査・維持管理や防火避難技術等は日々開発されている。こうした最新の技術や知識を習得することを目的とする講習会で,修了者には建設大臣の認定書が交付される。
>時間=9:00〜17:00
>会場=
〈東京@〉科学技術館サイエンスホール(東京・千代田区)
〈福 岡〉福岡朝日ビル地階ホール……(福岡市博多区)
〈大 阪〉大阪証券会館9階ホール……(大阪市中央区)
〈仙 台〉勾当台会館3階蔵王の間……(仙台市青葉区)
〈名古屋〉名古屋昭和ビル9階ホール…(名古屋市中区)
〈広 島〉広島商工会議所1階会議室…(広島市中区)
〈東京A〉サンケイ会館5階ホール……(東京・千代田区)
>講習内容=
〈1日目〉@建築基準法令の構成と概要
     A建築学概論

〈2日目〉@特殊建築物等定期調査制度総論
     A特殊建築物等の維持保全
     B建築構造

〈3日目〉@防火・避難
     Aその他の事故防止

〈4日目〉@特殊建築物等調査業務基準等
     A修了考査
     (1・2級建築士,建築主事,既認定資格者は1日目免除)

>定員=〈東京@〉400名〈福岡〉120名〈大阪〉250名〈仙台〉200名〈名古屋〉200名〈広島〉180名〈東京A〉400名
>受講料=4日間45,000円 3日間38,000円
>申込・問合せ先=(財)日本建築防災協会 電話03(5512)6451