1999

日本学術会議50周年記念シンポジウム
「設計の質的転換」

 
5月12日(水)・13日(木)
主催:日本学術会議・人工物設計・生産研究連絡委員会・設計工学専門委員会
共催:日本建築学会ほか
>時間=10:00〜17:30
>会場=日本学術会議大講堂(東京・港区)
>内容・講師=
〈12日〉
  (1)挨拶・開催趣旨説明(中島尚直氏・東京大学,設計工学専門委員会委員長)
  (2)特別講演「設計学研究の未来」(吉川弘之氏・日本学術会議会長・放送大学長・前東大総長)
  (3)セッション1:設計学研究(座長:中島尚直氏・前出)形態要素の類縁関係(森典彦氏・東京工芸大学)/建築・都市分野における設計方法論の展開−人間-環境系のデザインへ(門内輝行氏・早稲田大学)/設計学研究動向(冨山哲男氏・東京大学)
  (4)セッション2:設計の新潮流(座長:村上存氏・東京大学)建築設計のネットワークコラボーション−Virtual Design Studioの諸実験と評価(両角光男氏・熊本大学)/設計におけるプロトタイピング(桐山孝司氏・東京大学)/生活環境とユニバーサルデザイン(堀田明裕氏・千葉大学)
  (5)セッション3:知的設計支援(座長:赤木新介氏・大阪大学)設計とエージェント技術(西田豊明氏・奈良先端科学技術大学)/設計とオントロジー工学(溝口理一郎氏・大阪大学)/計算機を用いた設計者の思考支援(長澤勲氏・九州工業大学)
〈13日〉
  (1)セッション4:CADとCIM(座長:冨山哲男氏・前出)造船業の展開と設計技術(大和裕幸氏・東京大学)/これからの造船設計システムと質的転換(伊藤健氏・三菱重工業)/航空機の開発設計プロセスの質的転換(上田俊彦氏・日本航空宇宙工業会)/CADとプロダクトモデルの新しい展開(鈴木宏正氏・東京大学)/
  (2)基調講演「製品開発モデル論」(馬場靖憲氏・東京大学)
  (3)セッション5:ライフサイクル技術論(座長:中川武氏・早稲田大学)製品・設備ライフサイクル管理(高田祥三氏・早稲田大学)/経時的カスタマイゼーションとしてのライフサイクルマネジメント(野城智也氏・東京大学)/コンカレントエンジニアリング(福田収一氏・東京都立科学技術大学)
  (4)セッション6:グリーンデザイン(座長:尾田十八氏・金沢大学)インバースマニュファクチャリングとDesign for Environment(梅田靖氏・東京大学)/家電製品のリサイクル設計の現状と問題点(平野学氏・日立製作所)/自動車のリサイクル設計の現状と問題点(鈴木博幸氏・日産自動車)
  (5)総合討論
>定員=350名
>参加費=無料(資料代5,000円)
>申込・問合せ先=東京大学人工物工学研究センター 担当・冨山 電話03(5453)5888