1999

ライフサイクルマネジメント
基本問題特別研究委員会報告会

 
4月12日(月)
主催:日本建築学会建築経済委員会ライフサイクルマネジメント小委員会
 1995年度から1997年度にわたり研究を行ってきた「ライフサイクルマネジメント(LCM)基本問題特別研究委員会」の成果報告会。この特別研究委員会は,近年の地球環境問題の深刻化や近代建築の保存問題などを背景として,これまでのスクラップ&ビルドの考え方から脱却し,建築物を生涯にわたって管理していくことの必要性とそれを実現するための条件について考えてきた。研究は4つの小委員会を設け,それぞれ「LCMの基本的な考え方」「わが国の現状分析」「建築設計における諸問題」「社会・都市スケールにおける諸問題」を主要なテーマとして研究を進めてきた。このたび3年間の活動に関する報告書が出来上がったのを機に成果の概要を報告する。
>時間=13:30〜17:00
>会場=建築会館ホール(東京・港区)
>内容=
 (1)概要報告(白山和久氏・筑波大学名誉教授)
 (2)第一小委員会報告(石塚義高氏・建設業振興基金)
 (3)第二小委員会報告(加藤祐久氏・小山工業高等専門学校)
 (4)第三小委員会(沖塩荘一郎氏・宮城大学,伊藤毅氏・東京大学)
 (5)第四小委員会報告(山田雅夫氏・山田雅夫・都市設計ネットワーク,川野孝平氏・東京ガス(株)マッピングセンター所長)
 (6)質疑応答
>定員=200名
>参加費=無料
>資料=「時間・建築・環境−ライフサイクルマネジメント基本問題特別研究委員会報告書」(3,500円)
>申込・問合せ先=日本建築学会事務局研究事業課 担当・三島 E-mail:mishima@aij.or.jp FAX03(3456)2058