2015年4月号:スペイン、マラガの街並み:ピカソ美術館の外壁 

 スペイン南部の都市マラガは、ピカソの生誕地としても有名で、地中海に面したコスタ・デル・ソルの中心地だが、このコスタ・デル・ソル(太陽海岸)は、観光客誘致のために付けられた名前。ヨーロッパのあちこちから観光客が太陽を求めて集まる。街を分断するグアダルメディナ川を斜めに挟んでマラガ駅とちょうど反対側にあるエルカルナシオン大聖堂。その正面を通り過ぎ、北側へ回り込む。大聖堂とメルセー広場の北側にあるピカソの生家を結ぶ線上、広場と大聖堂のちょうど中間辺りにピカソ美術館がある。サト☆彡