2014年12月号:シンガポール:マーライオンの台座
   

 旅好きの間でよく世界3大がっかりの一つといわれていたシンガポールのマーライオンは、目の前に橋が出来てしまってさらにがっかりになった。私の推理では、マーライオンはその橋をまたいでベイエリア側に移り顔を湾側に向けた。そして、シンガポールの象徴でもある超高層ビル群を背景に置くことにした。しかし海からでないとこの構図で見ることはできないため桟橋を新設し、ついにがっかり感は完全に解消されたわけだ。
 それで、近くに寄ってこの写真の色ガラスで出来た台座も見れるようになった。ちなみに3大がっかりの後2つは、ベルギーの小便小僧と、コペンハーゲンの人魚姫の像。がっかりさせる要因はたぶん、「思ったよりも狭い場所にある」、「意外と小さい」ということだけのような気がする。人魚姫は海を背景にしているので、撮った写真も逆光でがっかりということにならないように注意。2015.02 サト☆彡