2013年5月号:イタリア:
フィレンツエ、サンタ・マリア・デル・フィオーレの壁

 フィレンツェのドゥオモ(大聖堂)、サンタ・マリア・デル・フィオーレは、赤・緑・白の大理石で覆われているが、さすがに雨垂れには勝てない。何年も修復中だったので、一度、奇麗になったと思ったのだが…。80年代後半初めてヨーロッパを歩いた時、街並みは今に比べて相当煤けて黒く汚れていたような気がする。バチカンのファサードも、パリのノートルダム寺院だってライトアップどころではなかった。 サト☆彡