2005年3月号:フランス:
ル・コルビュジエ ロンシャンの教会

 リヨンの近くのベルフォールという街に宿を取り、翌早朝2両編成のディーゼル機関車で30分弱、朝晩2本しか走っていないこの列車で2つめの駅がRONCHAMP。そこから線路づたいに数百メートルもどり、左側の2つめの道を線路の高架トンネルを潜って登っていくと、山道に林が続き、行く先の丘の上にこの白い壁の教会が見えてくる。この写真は祭壇の裏側にある屋外の祭壇。右側は芝生の広場になっていて、ミサが行われることもある。祭壇の向こう、打ち放しの階段は説教台。サト☆彡