2005年2月号:チェコ:
プラハ、カレル橋から見る旧市街

 写真のチェコの首都プラハのヴァルタヴァ川に架かるカレル橋は、石造のアーチ橋。支柱ごとに合計30体の歴史的な聖人や英雄の彫像が並ぶ。プラハは最近では映画の撮影にも良く使われるようになった。映画「9デイズ」では、プラハ城前の国立美術館が作戦本部を置くホテルという設定になっている。相手と会う川の中州はこの橋から見ることができる。冷戦時代は監視が厳しく、映画「アマデウス」で、モーツアルトが指揮するシーンが国立劇場内で撮影されているようだが、街を撮影することはできなかった。モーツアルト本人も実際にこの劇場に招かれ曲は定かではないが指揮をしているようだ。サト☆彡