2002年11月号:フランス:
モンサンミッシェル

 モン・サンミシェルは、パリから西へ約300km程高速のない時代はリズミカルにうねる畑の大波を見ながらバスで5時間。朝早く出ると眠気の中で心地いい景色がつづく。最近は高速を通ってそんな風景も見ずにさっと着くらしい。TGVでもいけないことはないが、レンヌ駅からバスで1時間以上かかり、帰りのことを考えるとパリからの日帰りバスツアーがお奨め。田舎道を行くバスツアーは途中通過する町並もすばらしい。どこの町にも綺麗に整えた花が飾ってある。個人の敷地でも見える場所にゴミは放置しない。そして驚くのは、信号機が無いこと。町を出ると交差点はほぼロータリー。交差点の間隔が比較的長いので通過するのはちょっと手間。まっすぐ進む場合でも半周ぐるりと回らなければいけない。速度を落とす効果はあります。モンサンミッシェルが近づくと広〜い駐車場の一角に色々な形のキャンピングカー数百台の村ができ上がっていた。考えてみればヨーロッパはどこの国へも車で移動できる。外国旅行というと飛行機で、回りを海にかこまれた日本とは感覚が違うことを再認識した。サト☆彡(2002.11月号)